Sony

ニュース

インド北部ラダックを訪れたチベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世(2017年7月12日撮影、資料写真)。©AFP=時事

写真拡大

インド北部ラダックを訪れたチベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世(2017年7月12日撮影、資料写真)。©AFP=時事

【AFP=時事】チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ(Dalai Lama)14世(82)が、「極度の疲労」を理由に今週予定されていたボツワナ訪問を中止した。  11日夜に発表された公式声明によると、ダライ・ラマは高齢により体が休養を必要としており、医師からも今後の数週間は長旅を控えるよう言われたという。またボツワナ大統領らに宛てた書簡のなかで「極度の疲労」のために訪問を中止することを「心の底から残念に思う」と述べている。  インドで亡命生活を送るダライ・ラマは、ボツワナの首都ハボローネ(Gaborone)で...

[記事全文]

関連ニュース

関連写真

外国人が帰国後に恋しくなる、日本で体験した...

2017年8月16日、日本を旅行した外国人が帰国後に恋しくなることについて紹介する一文が、中国のポータルサイト・今日頭条に掲載された。 この作者はイタリア出身の女性で、先日彼氏と一緒に3週間の日本旅行をしたという。この中で、日本滞在中に深い印象を...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画