Sony

ニュース

練習後、通訳を交えて話し込む横浜の斎藤(右)とモンバエルツ監督(左)

写真拡大

練習後、通訳を交えて話し込む横浜の斎藤(右)とモンバエルツ監督(左)

J1横浜F・マリノスは14日、横浜市内で約1時間30分、実戦形式のメニュー主体に練習を行った。  練習後には主将のMF斎藤学(27)とエリク・モンバエルツ監督(62)がピッチ上で話し込んだ。双方ともに神妙な面持ちで、話し合いは約12分に及んだ。その後、引き揚げる際に斎藤は「監督から話そうということで話した。『チームに自信を持たせてほしい』というような内容」と話した。  9日の前節川崎フロンターレ戦は、今季ワーストとなる3失点を喫して完敗。それまで14戦連続負けなし、5戦連続無失点と好調を維持していたが、一気に自信...

[記事全文]

関連ニュース

関連写真

本田圭佑、メキシコ大地震で赤十字に義援金を...

メキシコ1部パチューカの日本代表FW本田圭佑(31)がメキシコでの大地震を受け、メキシコ赤十字社に50万メキシコ・ペソ(約310万円)を義援金として寄付した。25日(日本時間26日)に、ツイッター公式アカウントに、メッセージとともに書き込んだ。  ...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画