Sony

ニュース

小平「銀」、高木美「銅」…スケート1000

スピードスケート女子1000メートルで銀メダルを獲得した小平奈緒(14日、韓国・江陵で)=武藤要撮影

写真拡大

スピードスケート女子1000メートルで銀メダルを獲得した小平奈緒(14日、韓国・江陵で)=武藤要撮影

平昌五輪第6日の14日、スピードスケート女子1000メートルが行われ、世界記録保持者の小平奈緒(相沢病院)が1分13秒82で2位。  高木美帆(日体大助手)が1分13秒98の3位で、冬季五輪の個人種目では史上初めて、日本女子選手が同時に表彰台に立つことになった。1500メートル2位だった高木美は、冬季五輪の日本女子で初めて同一大会で複数のメダルを獲得した。  優勝は、ヨリン・テルモルス(オランダ)で1分13秒56の五輪新記録。小平を0秒26上回った。  郷亜里砂(イヨテツク)は13位だった。

関連ニュース

関連写真

カーリング女子カナダ戦、前半終わりリード許す

平昌五輪第11日は19日、カーリング女子1次リーグの日本(LS北見)―カナダ戦が行われ、前半の5エンドを終えて日本は1―6と大量リードを許した。  日本は有利な後攻で始まった第1エンドで相手に1点を与えると、第5エンドには大量4点を奪われた。

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画