Sony

ニュース

江蘇省「蘇州」は紀元前11世紀、周王族「泰伯と仲雍」兄弟が江南に下り勾呉国を作ったことにさかのぼる。写真は筆者提供。

写真拡大

江蘇省「蘇州」は紀元前11世紀、周王族「泰伯と仲雍」兄弟が江南に下り勾呉国を作ったことにさかのぼる。写真は筆者提供。

江蘇省「蘇州」は紀元前11世紀、周王族「泰伯と仲雍」兄弟が江南に下り勾呉国を作ったことにさかのぼる。その後、春秋戦国時代に泰伯の子孫にあたる呉王「闔閭」が伍子胥に命じて姑蘇の地に水陸8門・周囲47里の大城を造営したのが、紀元前514年になる。秦・漢の時代は会稽郡呉県となり、隋開皇9年(西暦589年)に「蘇州」と名付けられた。唐代には長洲県も増設し、長洲ともいわれた。城内は10万戸を数え、江南で唯一「雄州」ともいわれた。

五代十国時代呉越王「銭鏐」は蘇州城を改造し、高さ9メートルのレ...

[記事全文]

関連ニュース

関連写真

就職難が深刻化する韓国、若者たちが本当に欲...

2018年2月22日、韓国・東亜日報は、ソウル市が支給する青年手当について、受け取る側の青年たちの考えを伝えた。 ソウル市は昨年6月、満19〜29歳の青年5000人を選抜し、青年手当を初めて支給した。選抜された青年は6カ月間、毎月50万ウォン(約...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画