Sony

ニュース

シリア・イドリブ県のハンシャイフンで、毒ガスによるとみられる攻撃の後、手当てを受ける子ども(2017年4月4日撮影)。©AFP=時事

写真拡大

シリア・イドリブ県のハンシャイフンで、毒ガスによるとみられる攻撃の後、手当てを受ける子ども(2017年4月4日撮影)。©AFP=時事

【AFP=時事】シリアのファイサル・メクダド(Faisal Mekdad)副外相は14日、同国政府の化学兵器の保有を否定するとともに、そうした兵器の使用は「不道徳で受け入れられない」と述べた。国営シリア・アラブ通信(SANA)が報じた。  シリアのバッシャール・アサド(Bashar al-Assad)政権による化学兵器の使用疑惑をめぐっては、フランスのエマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)大統領が13日、実際に同政権が市民に対し、禁止されている化学兵器を使用した証拠が見つかれば、シリアへの空爆...

[記事全文]

関連ニュース

関連写真

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画