Sony

ニュース

国を提訴するため東京地裁に入る不妊手術を強制された男性の弁護団ら(17日午前)

写真拡大

国を提訴するため東京地裁に入る不妊手術を強制された男性の弁護団ら(17日午前)

旧優生保護法に基づき、知的障害者らが不妊手術を強制された問題で、北海道、宮城県、東京都在住のいずれも70歳代の男女計3人が17日、同意なく不妊手術を強いられ人権を侵害されたなどとして、国に1100万〜3850万円の賠償を求める訴訟を札幌、仙台、東京の各地裁に一斉に起こした。  裁判外では国会議員による立法での救済の検討も進められており、訴訟の行方が注目される。  訴状などによると、原告3人は1950〜60年代に、それぞれ不妊手術を強制された。原告側は「子供を産み育てるかどうかの自己決定権を奪われた」として憲法が...

[記事全文]

関連ニュース

関連写真

注目の情報

ニュース写真