Sony

ニュース

闘莉王(中央)は犬飼基昭会長(右)と笑顔で話す。左は岡田武史監督(2010年6月13日撮影)

写真拡大

闘莉王(中央)は犬飼基昭会長(右)と笑顔で話す。左は岡田武史監督(2010年6月13日撮影)

<言葉の中に見えたもの ~W杯南アフリカ大会を戦って~(2)>

 2010年ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会直前の岡田ジャパンは強化マッチでは敗戦が続き、チーム内からは不満の声が漏れ始めていた。

 苦しむ岡田監督、戸惑う選手。見守っていた犬飼基昭元日本サッカー協会会長(75)は、南アフリカ・ジョージで選手に声をかける。犬飼元会長の南アフリカ大会での経験を元にした「言葉の中に見えたもの ~W杯南アフリカ大会を戦って~」の第2回を通して、揺れる選手の心理と、大一番を前に急激に変貌を遂...

[記事全文]

関連ニュース

関連写真

仏でアフリカ系と対戦、酒井宏「経験生かす」

誰もが強敵と認めるセネガルとの一戦を前に、DF酒井宏(マルセイユ)は泰然自若としている。「僕の中ではグループの中でも1、2を争うチーム。とにかく冷静に臨みたい」。アフリカ系のFWが多いフランス1部リーグで2季、しのぎを削ってきた経験が、余裕につな...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真