Sony
  • so-netトップ
  • インターネット接続
  • 特典・ポイント
  • オプション・コンテンツ
  • サポート
  • マイページ

ニュース

東海道線 陥没事故、約7万4000人に影響

  • 2017年 01月12日 04時48分
  • 提供元:TBS Newsi

音量調整は、動画プレーヤー内の音量調整ボタンを使用して行ってください

 11日、愛知県岡崎市のJR東海道線で、線路脇が陥没した影響で、東海道線は始発から10時間以上にわたり、愛知県の蒲郡駅と刈谷駅の間で運転を見合わせ、およそ7万4000人に影響が出ました。  JR東海は、現場付近の川の流れを変える工事を、県からの委託を受けて実施していて、線路下の土地を掘削中、地盤の弱い部分に地下水や川の水が大量に流れ込んだことが陥没の原因との見方を示しました。ボーリング調査や施工試験などの結果から、川の水が流入する可能性はないと判断していたということです。  東海道線は、12日の始発から平常運行に戻っています。(12日04:05)

関連ニュース

関連写真

米最新鋭ステルス戦闘機F35、岩国基地に到着

米海兵隊の最新鋭ステルス戦闘機F35Bが18日、米軍岩国基地(山口県岩国市)に到着した。  米国外への配備は初めてで、レーダーに映りにくい性能や垂直離着陸の機能を備えている。  同日午後5時半頃、2機が到着。アジア太平洋地域の抑止力強化が目的で、...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画