Sony
  • so-netトップ
  • インターネット接続
  • 特典・ポイント
  • オプション・コンテンツ
  • サポート
  • マイページ

ニュース

トランプ氏の「反中」は口先だけか、娘婿は中国企業と不動産取引―米紙

  • 2017年 01月12日 05時10分
  • 提供元:Record China
9日、米紙ニューヨーク・タイムズは、トランプ次期米大統領について「反中姿勢は口先だけで、娘婿は中国企業と不動産売却について交渉していた」と伝えた。写真はシカゴのトランプ・インターナショナル・ホテル・アンド・タワー。

写真拡大

9日、米紙ニューヨーク・タイムズは、トランプ次期米大統領について「反中姿勢は口先だけで、娘婿は中国企業と不動産売却について交渉していた」と伝えた。写真はシカゴのトランプ・インターナショナル・ホテル・アンド・タワー。

2017年1月9日、米紙ニューヨーク・タイムズは、トランプ次期米大統領について「反中姿勢は口先だけで、長女イバンカさんの夫で実業家のジャレッド・クシュナー氏は、中国企業と不動産売却について交渉していた」と伝えた。参考消息網が報じた。



16年11月16日の夜、米ニューヨーク中心部マンハッタンの高級ホテル。高級中華レストランのテーブルに、同ホテルを所有する中国金融大手・安邦保険集団の呉小暉(ウー・シアオフイ)会長と、クシュナー氏が同席していた。2人はマンハッタン中心部のある地域の再開発で合意。呉会長はトランプ当選を祝い、グラスを掲げていた。呉会長は「トランプ氏の当選は世界経済にとってプラスになる」と持ち上げた。関係者によると、交渉は半年前に始まり、ほぼ順調に進んだという。



中国問題でトランプ氏の姿勢は強硬だ。中国政府による為替操作は米中の貿易戦争を招く恐れがある。しかし、その戦略をつぶさに観察してみると、トランプ氏自身の財務状況と中国には複雑な関係があることが浮かんでくるのだ。(翻訳・編集/大宮)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

シリア・ホムスの基地2か所に自爆攻撃、42...

【AFP=時事】シリアで政権側が掌握してきた同国第3の都市ホムス(Homs)で25日、治安部隊の基地2か所を狙った自爆攻撃があり、42人が死亡した。国営テレビや監視団体が伝えた。シリア内戦の終結を目指してスイス・ジュネーブ(Geneva)で開催され...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画