Sony
  • so-netトップ
  • インターネット接続
  • 特典・ポイント
  • オプション・コンテンツ
  • サポート
  • マイページ

ニュース

美食イベントにワニの串焼き屋台が登場、店先での処理が「残酷」と物議―中国

  • 2017年 01月13日 07時10分
  • 提供元:Record China
11日、澎湃新聞によると、中国安徽省合肥市で行われたグルメイベントにワニの串焼きを売る屋台が出現した。資料写真。

写真拡大

11日、澎湃新聞によると、中国安徽省合肥市で行われたグルメイベントにワニの串焼きを売る屋台が出現した。資料写真。

2017年1月11日、澎湃新聞によると、中国安徽省合肥市で行われたグルメイベントにワニの串焼きを売る屋台が出現した。この屋台では店先でワニを処理しており、通りがかった人からは「ワニの肉を食べるのは違法ではないのか?」「残酷すぎる光景」などの声が上がった。



ブラジルのシュラスコをうたうこの屋台には長さ1メートル余りのワニが数匹つるされていた。屋台従業員がその場で処理して調理するというスタイルで、串1本の値段は20元(約330円)。オーナーの男性は「ワニの肉は“柔らかな黄金”とも呼ばれ、中医学の薬原料として使われている。牛や羊の肉より栄養豊富」と話し、扱っているのは合法的に養殖したワニだと説明、市民の間から「店先で処理するのは適切ではない。残酷すぎて小さな子どもが見たらおびえてしまう」との意見が寄せられたことについては「店先で処理するものは他にもある。それと何が違うのか?」と疑問を投げ掛けた。



この問題について、市の動物園関係者は「野生のワニも養殖ワニも同じレベルの保護を受ける。関係当局の許可がなければ売買は違法」とコメント、省林業庁の関係者は「ワニ肉の販売が禁じられているわけではないが、厳しい監督下に置かれる。人工養殖であることが前提で、経営利用許可証などの取得も必要」と説明している。(翻訳・編集/野谷)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

ミャンマー政府、ロヒンギャ迫害めぐる国連調...

【AFP=時事】ミャンマー政府は25日、同国の軍や警察がイスラム系少数民族ロヒンギャ(Rohingya)を迫害しているとの疑いについて調査団を派遣するとした国連(UN)の決定は受け入れがたいとの姿勢を示した。ミャンマー政府は国連による調査は紛争をさ...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画