Sony
  • so-netトップ
  • インターネット接続
  • 特典・ポイント
  • オプション・コンテンツ
  • サポート
  • マイページ

ニュース

都議選「過半数」確保が「至上命題」 小池知事が明言

  • 2017年 02月10日 18時01分
  • 提供元:J-CASTニュース

東京都の小池百合子知事は2017年2月10日の定例会見で、7月の都議選で自らが率いる地域政党「都民ファーストの会」から擁立する候補者数について問われ、「過半数」の支持勢力を確保することが「至上命題」だと述べた。都議会の定数は127で、過半数は64人以上。小池氏は具体的な人数については言及しなかったが、70人程度擁立する可能性もある。

「小池都政を支えていくに必要な多数、過半数を確保する個人、および組織」

小池氏は


「やはり、都政をこれからスピーディーに、かつ質的に高めて安定的に進めていくという意味では、やはり過半数を、いずれの形であれ、確保していくというのは、私にとって至上命題。それも選挙が終わって、バッジをつけたらさようなら、ということでは不安定になるので、その辺も十分見極めをしないといけない。そういったことから、今申し上げられるのは、小池都政を支えていくに必要な多数、過半数を確保する個人、および組織ということになろうかと思う」

と述べた。「過半数」の前提として「いずれの形であれ」とも述べており、都民ファーストの会で単独過半数を目指すかについては明言しなかった。


都民ファーストの会は6日、都議選の第2次公認候補4人を発表。1次公認と合計すると、現時点で8人が公認されている。


関連ニュース

関連写真

【震災6年 ふるさとの今(3)福島県相馬市...

東日本大震災と東京電力福島第1原発の事故で、福島県の農業や水産業、畜産業は大きな痛手を負った。漁業は、震災から6年たった今でも、魚種や海域を絞っての試験操業の段階が続いており、水揚げ量は本操業時の10分の1程度だ。 漁業関係者は、被...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画