Sony
  • so-netトップ
  • インターネット接続
  • 特典・ポイント
  • オプション・コンテンツ
  • サポート
  • マイページ

ニュース

「本田の太陽は昇ることやめた」と地元紙報道

  • 2017年 02月17日 20時54分
  • 提供元:日刊スポーツ
ACミラン本田圭佑(写真は2017年2月13日)

写真拡大

ACミラン本田圭佑(写真は2017年2月13日)

ACミランで出番を失っている本田圭佑(30)について、17日付ガゼッタ・デロ・スポルトは「W杯、欧州チャンピオンズリーグ、ベンチ。本田の太陽は昇ることをやめた」という見出しで報じた。
 記事では「ミランの選手の中でW杯でゴールした選手は彼1人(10年大会2得点、14年大会1得点)。欧州CL決勝トーナメントで、そのゴールにより相手を敗退させた選手は彼1人(CSKAモスクワ時代の10年3月セビリア戦第2戦で決勝点)。そして最近先発の機会を全く失っている選手も彼1人。その輝かしい履歴書に反して、故障選手が多い中、本田には全く出場のチャンスが巡ってこない。これは日本で大きな疑問となっている」と現状を表現した。
 続けて「ケイスケは12月12日を最後にセリエAでプレーしていないが、文句は言っていない。ボローニャ戦後にはベンチ選手の団結心からか、(途中出場の)ポーリをハグしに行った」と本田の行為を好意的に伝えた。一方で「11月には『適切ではないオファーがあった』と話したが、米MLSが次の行き先であることは間違いないだろう」と、再び米国行きの話が浮上すると予測していた。

関連ニュース

関連写真

サウサンプトン吉田麻也、悲願の初タイトルな...

<イングランドリーグ杯:マンチェスターU3-2サウサンプトン>◇26日◇ロンドン◇決勝  サウサンプトンDF吉田麻也(28)の初タイトルはならなかった。サウサンプトンが、マンチェスター・ユナイテッドに2-3と敗れ、大会初制覇を逃した。  吉...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画