Sony
  • so-netトップ
  • インターネット接続
  • 特典・ポイント
  • オプション・コンテンツ
  • サポート
  • マイページ

ニュース

時速420キロですれ違い実験した中国高速鉄道、専門家「研究にすぎない」

  • 2017年 03月14日 11時50分
  • 提供元:Bridge
中国の著名鉄道専門家が13日、国内を運行中の高速鉄道に関し、「現時点で時速引き上げが行われることはない」と発言した。写真は中国の高速鉄道。

写真拡大

中国の著名鉄道専門家が13日、国内を運行中の高速鉄道に関し、「現時点で時速引き上げが行われることはない」と発言した。写真は中国の高速鉄道。

中国の著名鉄道専門家で全国人民代表大会(全人代)代表を務める王夢恕氏は13日、国内を運行中の高速鉄道に関し、「現時点で時速引き上げが行われることはない」と発言した。



中国では2016年7月、中国が自主設計、自主開発した高速鉄道が時速420キロですれ違うという実験が実施された。相対速度は時速840キロ。この件について中国青年網の取材を受けた王氏は「このような速度は1つの研究にすぎず、現時点で応用が検討されることはない」と語り、「現在運行中の高速鉄道の設計速度は時速350キロだが、実際の場面で300キロを超えることは基本的にはない」と説明、時速引き上げが行われない理由として「安全、コスト、効率」を挙げた。



同氏によると、時速引き上げで安全上のリスク上昇、電力消費量の拡大が考えられるほか、減速により多くの時間を必要とするため全体で見ると時間短縮につながらない可能性もあるという。(by Yamaguchi)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

UAEの大学教授、ツイートで禁錮10年 政...

【AFP=時事】アラブ首長国連邦(UAE)の裁判所は29日、同国の政治体制や司法制度を批判する書き込みをツイッター(Twitter)で何度も行っていたとして、著名な存在として知られる大学教授に禁錮10年の判決を言い渡した。国際人権団体アムネスティ・...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画