Sony
  • so-netトップ
  • インターネット接続
  • 特典・ポイント
  • オプション・コンテンツ
  • サポート
  • マイページ

ニュース

厚労相と対立し退職の「次官候補」、大使に起用

  • 2017年 03月20日 10時46分
  • 提供元:読売新聞
 政府は、厚生労働省を退職した香取照幸前雇用均等・児童家庭局長(60)をアゼルバイジャン大使に起用した。
 香取氏は今月末に赴任する。
 香取氏は1980年入省で、税・社会保障一体改革などを担当するなど、「将来の次官候補」と目されてきた。小泉政権下で内閣参事官として首相官邸を支え、当時首相秘書官だった飯島勲・内閣官房参与の信望が厚かった。だが、年金局長当時、「年金積立金管理運用独立行政法人」(GPIF)改革などをめぐり、塩崎厚生労働相と意見が対立し、昨年6月に退職した。

関連ニュース

関連写真

籠池氏「首相夫人から百万円」、政府側は否定

学校法人「森友学園」(大阪市)に国有地が鑑定評価額を大幅に下回る価格で売却された問題で、参院予算委員会は23日午前、学園の理事長退任を表明した籠池(かごいけ)泰典氏の証人喚問を行った。  籠池氏は改めて「安倍昭恵首相夫人から100万円の寄付を受け...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画