Sony
  • so-netトップ
  • インターネット接続
  • 特典・ポイント
  • オプション・コンテンツ
  • サポート
  • マイページ

ニュース

首都圏選出の自民若手がコメ作り…通年で作業

  • 2017年 03月20日 10時07分
  • 提供元:読売新聞
 自民党は今春から、首都圏選出の若手国会議員ら約50人を中心に、1年を通してコメを作るプロジェクトを始める。
 二階幹事長の肝いりで、安倍首相の経済政策「アベノミクス」だけでなく、農業政策にも力を入れる党の姿勢をアピールする狙いがある。
 水田は、全国農業協同組合中央会(JA全中)などの協力を得て、東京都青梅市の約10アールを借りた。24日に初会合を開き、6月の田植えから秋の稲刈りまで行う。
 二階氏は「田植えを知らずして、農政を語ってもしょうがない」と強調する。参加議員の選挙区では農家との関係が薄いケースが目立つが、「都市部と農村部、両方に目配りできる議員を育てる」との意図もある。
 政権運営の要諦は、長期的な視野で段取りよく手を打つことだ。党関係者は「実りの収穫には準備が大事だ。コメ作りも政治も同じだと理解させたい」と語った。

関連ニュース

関連写真

「籠池氏は大ウソつき」 与党から批判の声

今回の籠池氏の証人喚問はどう受け止められたのでしょうか。質問に立った議員たちは・・・  「あぶり出したかったのは大うそつきだってことですよ。総理や昭恵夫人に対してああいう無礼なことを言ってくるわけだから」(公明党 富田茂之衆院議員) 「国民が安倍...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画