Sony
  • so-netトップ
  • インターネット接続
  • 特典・ポイント
  • オプション・コンテンツ
  • サポート
  • マイページ

ニュース

日本、ブラジルに完敗も手応え ブラインドサッカー

  • 2017年 03月20日 18時24分
  • 提供元:日刊スポーツ
前半、ゴールを決める日本FP黒田(左)(撮影・浅見桂子)

写真拡大

前半、ゴールを決める日本FP黒田(左)(撮影・浅見桂子)

<ブラインドサッカー・さいたま市ノーマライゼーション杯:ブラジル代表4-1日本代表>◇20日◇フットメッセ大宮
 日本がパラリンピック4連覇中の王国ブラジルを相手に攻撃的なサッカーを見せた。
 日本は入場制限まで出る1000人を超す観客の前で、果敢に相手陣でゲームを展開。1点をリードされた前半15分過ぎにはFP川村怜主将(28)のパスから右サイドを崩し、FP黒田智成(38)が同点ゴールを決めた。
 スコアは1-4と完敗だったが、黒田は「負けたのは悔しいが、意図した攻めはできた」と話した。
 リオパラリンピック出場を逃した後に就任した高田敏志監督(49)は「攻撃的にいって前がかりになったところでカウンターを決められたが、チャンスは作れた」と前向きに話した。これまでの「堅守速攻」から攻撃重視への大胆な方向転換。「相手ゴール近くでサッカーをすることを徹底してきた。その方が、楽しめますから」と言った。
 開催国として出場する東京パラリンピックに向け、チームの掲げる目標は「金メダル獲得」。ブラジルとの差はあるが、高田監督は「1対1の局面で負けないこと。3年後までにブラジルに勝てるところまで持っていきたい」と話す。「攻撃的にいくと的確な状況判断も求められるから大変。でも、すごくおもしろい」と黒田は笑顔。「ホームの東京大会では、いいサッカーをしたい。点を取って、圧倒的に勝ちたい」と話していた。

関連ニュース

関連写真

マイナビ仙台MF佐々木、DF市瀬がなでしこ...

30日に発表された女子日本代表なでしこジャパンのメンバー23人に、マイナビ仙台レディースからはMF佐々木繭(24)とDF市瀬菜々(19)が招集された。  チームはこの日、ホーム開幕戦となる4月2日の新潟戦に向けて、戦術確認の練習などを行った。 ...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画