Sony
  • so-netトップ
  • インターネット接続
  • 特典・ポイント
  • オプション・コンテンツ
  • サポート
  • マイページ

ニュース

都議会百条委員会、石原元知事を証人喚問

  • 2017年 03月20日 19時15分
  • 提供元:TBS Newsi

音量調整は、動画プレーヤー内の音量調整ボタンを使用して行ってください

 「私2年ほど前に脳梗塞を患いまして、いまだに後遺症に悩んでおりますけれど、記憶を引き出そうとしても思い出せないことが多々ありますので、これひとつご了承願いたいと思います」(石原慎太郎元都知事)  午後1時、百条委員会の証言台に立った石原元知事。体調に配慮し、当初予定していた3時間から1時間に短縮し、座ったままの答弁を認めるなど異例の対応で証人喚問が始まりました。  「侍らしく潔く執行責任をお認めになりますか」(都議会自民党 来代勝彦都議)  「『土壌の問題には確信があるのか』と聞きましたら、『現在の技術をもって大丈夫です』ということで、『分かりました』と決裁を致しました。その責任は私は認めます、もちろん」(石原慎太郎元都知事)  なぜ汚染された豊洲を移転先と決めたのか。これまでの百条委員会では、「青島知事からの既定路線だった」とする石原氏の主張と食い違う証言が出ました。  「青島知事の時代に豊洲移転を決めた既定路線であったというのは、ちょっとそれは違うなと思う。石原元知事はなんか誤解をしてられるのかなと思っている」(大矢実元市場長 11日)  これに対し石原氏は、「大きな流れとして決まっていて、逆らいようがなかった」と証言しました。  「三多摩やどこかに市場を作ったらどうかと提案しましたけども、これは一笑に付されました。都庁全体の流れとして、市場を豊洲に移すということは大きな流れとして決定していたようで、私も逆らえるものではありませんでした」(石原慎太郎元都知事)  もう一つの食い違い。それは土壌汚染対策費をめぐり、東京ガス側に追加の負担を求めないとした2011年の合意についてです。石原氏は今月3日の会見で「報告も相談もなかった」と話す一方、岡田元市場長は「説明しただろうと思う」と証言しました。  「事前に報告を受けていたと思いますが、イエスかノーでお答えください」(共産党 曽根肇都議)  「受けたか受けていないか覚えておりません。事は全て担当者に一任しておりましたから」(石原慎太郎元都知事)  「(岡田元市場長)ご本人も証言していますし、百条委員会に出された資料もあります。これでも記憶にないとおっしゃるんですか」(共産党 曽根肇都議)  「ですから何なんですか」(石原慎太郎元都知事)  「担当者に一任していた」「記憶にない」と繰り返した石原氏。石原氏は豊洲に移転すべきと従来の主張を繰り返し、小池知事を批判しました。  「小池さんが速やかに決断して、豊洲に市場を移転するべきだと思いますし、何で小池さんがそれを行わないのか非常に不可解でありますし、彼女の不作為の責任が問われるべきだと思います」(石原慎太郎元都知事)  石原氏は、いま問題になっている豊洲の地下水について厳しい基準を設定したことは認める一方、市場の運営に影響はないと主張しました。  「地下水にいろんな問題があるかもしれませんが、こんなものね、今の技術をもって、ろ過してポンプアウトしたら良いんじゃないですか、海に捨てたらば」(石原慎太郎元都知事)  19日の浜渦元副知事の証人喚問に続き、新たな事実は明らかになりませんでした。  「混乱を招いている責任はお感じになりませんか」(都民ファーストの会 音喜多駿都議 19日)  「どこに責任があるんですか。『よくぞ東京ガスと交渉まとめていただいた』と称賛されたんですよ。今から振り返っての話じゃないんです」(浜渦武生元副知事 19日)  連日の証人喚問について小池知事は・・・  「断片的にしか拝見しておりませんでしたけれども、ご高齢の中、都議会の要請に応えられたことに、まずは敬意を表したいと思います」(小池百合子都知事)  その小池知事の判断に影響を与えるかもしれない数値が、19日、明らかになりました。  「我々なめるのもいいかげんにしてくださいよ」(市場関係者)  19日開かれた豊洲市場の土壌汚染対策に関する専門家会議で、地下水を再調査した結果、最大で環境基準の100倍のベンゼンが検出されたことが公表されたのです。再調査された29地点のうち25の地点から環境基準値を超える有害物質が検出され、環境基準の3.6倍のヒ素も検出されたということです。  「(豊洲市場の)地上につきましては、建物の1階部分を含めて安全である」(専門家会議 平田健正座長 19日)  専門家会議は、有害物質が急増した理由を「『地下水管理システムの稼働』により残されていた汚染物質が移動したと考えられる」などと説明し、「地上は安全」と強調しました。しかし、築地の業者からは・・・  「我々に降りかかっている風評被害を払拭できると思っているんですか」(市場関係者)  「安全と安心は違う。そりゃ違いますよ。この紙一枚でまとめのような感じで、このまま豊洲に行かされちゃうような気がしますが、平田先生、どう思いますか。これだけは納得できない」(市場関係者)  「築地が移転するかの判断は、ここではできない。あまりにも大きな課題、政治的な課題。都民の代表でなければ判断できない。私たちができるのは、サイエンス(科学)として見たときに安全なのかどうかということ」(専門家会議 平田健正座長)  小池知事は・・・ 「市場の信頼と都政の信頼と、何より消費者の信頼を勝ち取るために、これまでの検証も踏まえて、総合的な判断、それが求められると思います」(小池百合子知事)(20日17:58)

関連ニュース

関連写真

【震災6年 ふるさとの今(3)福島県相馬市...

東日本大震災と東京電力福島第1原発の事故で、福島県の農業や水産業、畜産業は大きな痛手を負った。漁業は、震災から6年たった今でも、魚種や海域を絞っての試験操業の段階が続いており、水揚げ量は本操業時の10分の1程度だ。 漁業関係者は、被...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画