Sony
  • so-netトップ
  • インターネット接続
  • 特典・ポイント
  • オプション・コンテンツ
  • サポート
  • マイページ

ニュース

川辺で練習中のサッカー選手、ワニに襲われ死亡 モザンビーク

  • 2017年 03月20日 22時37分
  • 提供元:AFPBB News
エルサルバドルの首都サンサルバドル近郊にある野生動物保護施設「エルトロナドール」に生息するワニ(2017年2月20日撮影、資料写真)。©AFP=時事

写真拡大

エルサルバドルの首都サンサルバドル近郊にある野生動物保護施設「エルトロナドール」に生息するワニ(2017年2月20日撮影、資料写真)。©AFP=時事

【AFP=時事】アフリカ南東部モザンビークのサッカー選手が川沿いの土手で練習中、ワニに襲われ死亡した。所属先のサッカークラブが20日、発表した。

 16日夜に起きた事故で死亡したのは西部のテテ(Tete)州在住で、同国2部リーグのアトレチコ・ミネイロ・デ・テテ(Atletico Mineiro De Tete)に所属するエステバン・アルベルト・ジノ(Estevao Alberto Gino)選手(19)。AFPの取材に応じた同クラブのエドゥアルド・カルバーリョ(Eduardo Carvalho)監督は、「その日の夜、彼はトレーニングに臨んでおり、ジョギングの後、水の中に手を伸ばした時、ワニがかみついた」と語った。

 目撃者よると、ジノ選手を襲ったワニは推定で体長5メートルほどあったという。またカルバーリョ監督によれば、周囲にいた人たちが救出しようとしたが、「できることは何もなかった」という。

 モザンビークを流れるザンベジ川(Zambezi River)流域では、ワニに襲われる事故がたびたび起きている。地元当局の報道官はAFPの取材に対し、事故があったことを確認し、遺体はまだ発見されていないと明かした。
【翻訳編集】AFPBB News

関連ニュース

関連写真

ミャンマー政府、ロヒンギャ迫害めぐる国連調...

【AFP=時事】ミャンマー政府は25日、同国の軍や警察がイスラム系少数民族ロヒンギャ(Rohingya)を迫害しているとの疑いについて調査団を派遣するとした国連(UN)の決定は受け入れがたいとの姿勢を示した。ミャンマー政府は国連による調査は紛争をさ...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画