Sony
  • so-netトップ
  • インターネット接続
  • 特典・ポイント
  • オプション・コンテンツ
  • サポート
  • マイページ

ニュース

石原元知事証人喚問、費用負担の報告など「記憶にない」

  • 2017年 03月21日 05時09分
  • 提供元:TBS Newsi

音量調整は、動画プレーヤー内の音量調整ボタンを使用して行ってください

 「侍らしく潔く執行責任をお認めになりますか」(都議会自民党 来代勝彦都議)  「『土壌の問題には確信があるのか』と聞きましたら、『現在の技術をもって大丈夫です』ということで、『分かりました』と決裁を致しました。その責任は私は認めます、もちろん」(石原慎太郎元都知事)  なぜ汚染された豊洲を移転先と決めたのか。石原氏は従来の主張を繰り返しました。  「都庁全体の流れとして市場を豊洲に移すということは、大きな流れとして決定していたようで、私も逆らえるものではありませんでした」(石原慎太郎元都知事)  また、土壌汚染対策や費用負担の報告については「記憶にない」としました。  「事前に報告を受けていたと思いますが、イエスかノーでお答えください」(共産党 曽根肇都議)  「受けたか受けていないか覚えておりません。事は全て担当者に一任しておりましたから」(石原慎太郎元都知事)  「(岡田元市場長)ご本人も証言していますし、百条委員会に出された資料もあります。これでも記憶にないとおっしゃるんですか」(共産党 曽根肇都議)  「ですから何なんですか」(石原慎太郎元都知事)  また、石原氏は豊洲に移転すべきと主張し、小池知事を批判しました。  「小池さんが速やかに決断して豊洲に市場を移転するべきだと思いますし、何で小池さんがそれを行わないのか、非常に不可解でありますし、彼女の不作為の責任が問われるべきだと思います」(石原慎太郎元都知事)(21日00:27)

関連ニュース

関連写真

【震災6年 ふるさとの今(3)福島県相馬市...

東日本大震災と東京電力福島第1原発の事故で、福島県の農業や水産業、畜産業は大きな痛手を負った。漁業は、震災から6年たった今でも、魚種や海域を絞っての試験操業の段階が続いており、水揚げ量は本操業時の10分の1程度だ。 漁業関係者は、被...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画