Sony
  • so-netトップ
  • インターネット接続
  • 特典・ポイント
  • オプション・コンテンツ
  • サポート
  • マイページ

ニュース

ドイツの「中国人を食べろ」シャツ販売、華人団体が提訴も―独メディア

  • 2017年 03月21日 07時10分
  • 提供元:Record China
20日、ドイツの衣料販売サイトが「中国人を食べる」などと書かれたシャツを販売していた問題で、ドイツの華人団体はこのほど、同サイトが商品を取り下げない場合は訴訟を起こすと表明した。

写真拡大

20日、ドイツの衣料販売サイトが「中国人を食べる」などと書かれたシャツを販売していた問題で、ドイツの華人団体はこのほど、同サイトが商品を取り下げない場合は訴訟を起こすと表明した。

2017年3月20日、独国際放送ドイチェ・ヴェレ(電子版)によると、ドイツの衣料販売サイトが「中国人を食べる」などと書かれたシャツを販売していた問題で、ドイツの華人団体はこのほど、同サイトが商品を取り下げない場合は訴訟を起こすと表明した。参考消息網が伝えた。



ドイツ華人法律協会理事の李東興(リー・ドンシン)氏は、サイトを運営する衣料販売会社に公開書簡を送付したと説明。書簡では「シャツに書かれた『犬を守って中国人を食べる』などの表現にはまったく面白くなく、ユーモアも感じられない。民族主義を感じ、人格を侮辱する行為だ」と強調したという。



李氏によると、衣料販売会社は15年には排外的な右翼団体が政策したシャツの販売を「道徳的な理由」で中止した。同社は当時「シャツに書かれている言葉は普通の言論ではない。民族主義、差別性、人間蔑視に基づいている」としていた。李氏は「同社が道徳的な基準を維持しているなら『中国人を食べろ』と書かれたシャツの販売もやめるべきだ」と主張した。



同サイトにはこのほか「クジラを救って日本人を食べろ」「ユダヤ人を救ってドイツ人を食べろ」などと書かれたシャツも売られているという。「ドイツ人を食べろ」シャツは中国の販売サイトでも売られていた。(翻訳・編集/大宮)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

赤ちゃんを小箱に放置、韓国企業の“託児”環...

2017年4月26日、韓国・京畿道(キョンギド)華城(ファソン)のある中小企業で、1歳になったばかりの従業員の子どもを工場の床の狭い箱の中に放置していたことが発覚し、波紋を呼んでいる。韓国・YTNが伝えた。 子どもの母親であるチェさんが同工場を訪...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画