Sony
  • so-netトップ
  • インターネット接続
  • 特典・ポイント
  • オプション・コンテンツ
  • サポート
  • マイページ

ニュース

<サッカー>アジア最終予選で中韓対決、プライドを賭けた一戦に―韓国メディア

  • 2017年 03月21日 07時30分
  • 提供元:Record China
19日、サッカーW杯アジア最終予選で、中国はここまで5試合でまだ未勝利と低迷しており、W杯出場は絶望的だと韓国メディアは指摘している。

写真拡大

19日、サッカーW杯アジア最終予選で、中国はここまで5試合でまだ未勝利と低迷しており、W杯出場は絶望的だと韓国メディアは指摘している。

2017年3月19日、新浪によると、中国代表のサッカーワールドカップW杯出場は困難だと韓国メディアは報じている。



3月23日、湖南省長沙市でW杯アジア最終予選の中国対韓国の一戦が行われる。12カ国が2グループに分かれて最終予選を行っているが、グループAではイランが勝ち点11で1位、韓国が勝ち点10で2位。中国は0勝3敗2分けの勝ち点2で最下位に沈んでいる。



韓国・朝鮮スポーツは昨年10月に中国代表監督に就任した名将マルチェロ・リッピの存在が最大の変数ではあるが、中国が奇跡を起こして残り試合を全勝しても予選突破は厳しいと分析。今回の試合はW杯を目指す戦いというよりも、両国のプライドを賭けた一戦になると指摘している。



朝鮮スポーツは、中国は大物外国人選手によるリーグ強化、有名監督引き抜きなど金満ぶりを見せているが、「韓国サッカーの蓄積はチャイナマネーとは比べようがない高いレベルにあることを証明しなければならない」と記事を締めくくっている。(翻訳・編集/増田聡太郎)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

日本のテニス情報サイト、台湾選手に中国国旗...

2017年3月22日、環球網は、日本のテニス情報サイトがアプリ上で掲載した世界ランキングで、台湾の女子プロテニスプレーヤー・謝淑薇(シエ・シュウウェイ)に中国国旗が付けられていたことで物議を醸していると報じた。 台湾メディア・三立新聞網の21日付...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画