Sony
  • so-netトップ
  • インターネット接続
  • 特典・ポイント
  • オプション・コンテンツ
  • サポート
  • マイページ

ニュース

FBI長官、「オバマ氏に盗聴された」というトランプ大統領のツイートを否定

  • 2017年 03月21日 08時46分
  • 提供元:ITmedia NEWS
 公聴会で証言するジェームズ・コミーFBI長官(Bloombergの動画より)

写真拡大

公聴会で証言するジェームズ・コミーFBI長官(Bloombergの動画より)

 米連邦捜査局(FBI)のジェームズ・コミー長官は3月20日(現地時間)、下院情報委員会の公聴会に出席し、ドナルド・トランプ米大統領が4日にツイートしたバラク・オバマ前大統領による盗聴疑惑について、裏付ける情報はないと否定した。


 コミー氏は、「オバマ前政権が盗聴を指示していたとするトランプ氏のツイート以外に、このツイートを裏付ける情報は見つけられなかった」し、司法省(DoJ)とも情報を共有したが、司法省も同じ見解だと語った。


 コミー氏はまた、FBIが2016年7月からロシア政府による米大統領選への介入について捜査していることを正式に認め、捜査中のため詳細は明らかにできないと説明した。


 証言の様子はBloombergなどが動画を公開している。

関連ニュース

関連写真

てるみくらぶ関連会社「自由自在」も破産

東京商工リサーチによると、倒産した格安旅行会社「てるみくらぶ」の関連会社「自由自在」と、グループ持ち株会社「てるみくらぶホールディングス」が3月30日、東京地裁から破産開始決定を受けた。負債額は自由自在が約34億円、てるみくらぶホールディングスが...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画