Sony
  • so-netトップ
  • インターネット接続
  • 特典・ポイント
  • オプション・コンテンツ
  • サポート
  • マイページ

ニュース

映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」...Sヨハンソン主演「攻殻機動隊」ハリウッド版

  • 2017年 03月21日 09時00分
  • 提供元:J-CASTニュース

写真拡大

"ジャパニメーション"の代表作を実写化

スカーレット・ヨハンソン主演の映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」が、2017年4月7日から全国の映画館で公開される。日本発のSFアニメ「攻殻機動隊」をハリウッドで実写化。「アベンジャーズ」シリーズなどで華麗なアクションを披露したヨハンソンが「少佐」を演じる。

上司「荒巻」はビートたけし

脳以外の全身が機械化された世界最強の捜査官「少佐」は、脳をハックするという全世界を揺るがすサイバーテロ事件がきっかけで、わずかに残っていた記憶が呼び覚まされるが、そこには驚愕の過去が隠されていた。果たして彼女は世界を守ることができるのか―。


そのほか、彼女の上司「荒巻」をビートたけし、少佐の片腕「バトー」をデンマーク出身のピルウ・アスベック、アニメ「攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG」では作品の中心に位置する事件の犯人の1人である革命家「クゼ」をマイケル・ピットが熱演。「スノーホワイト」のルパート・サンダース監督。<J-CASTトレンド>


関連ニュース

関連写真

同じ轍は踏まず!日本代表、UAEのキーマン...

サッカーのロシア・ワールドカップ(W杯)出場をかけたアジア最終予選の第6戦が、3月23日(木)に行われた。 【写真を見る】本田圭佑と競り合うアブドゥルラフマン/(C)新井賢一 6大会連続6回目の本大会出場を目指す日本代表は、アウェーでUAE代表と...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画