Sony
  • so-netトップ
  • インターネット接続
  • 特典・ポイント
  • オプション・コンテンツ
  • サポート
  • マイページ

ニュース

クルド人民兵組織YPG、ロシア軍が訓練へ シリア

  • 2017年 03月21日 10時08分
  • 提供元:AFPBB News
シリア北部の町の訓練キャンプで訓練に参加する戦闘員ら(2016年3月24日撮影、資料写真)。©AFP=時事

写真拡大

シリア北部の町の訓練キャンプで訓練に参加する戦闘員ら(2016年3月24日撮影、資料写真)。©AFP=時事

【AFP=時事】シリア北部の広範囲を支配下に置くクルド人民兵組織「クルド人民防衛部隊(YPG)」は20日、ロシア軍から「現代的な戦術の訓練」を受けることで合意したと発表した。シリアのバッシャール・アサド(Bashar al-Assad)政権を支援するロシアがYPGとこうした合意を結ぶのは初めてのことで、YPGを「テロ組織」とみなすトルコからの反発が予想される。

 YPGの報道官はAFPに対し、クルド人勢力が支配するシリア北部の自治区の一つ、アフリン(Afrin)にある訓練キャンプに既にロシア軍が入っていると明らかにした。

 在英のNGO「シリア人権監視団(Syrian Observatory for Human Rights)」は20日、100人近いロシア軍兵士がアフリンに入っていると発表した。

 YPGは、米軍が支援するクルド人とアラブ人の合同部隊「シリア民主軍(SDF)」の大半を構成。SDFはこれまでにシリア北部のかなり広い地域をイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」から奪還している。

 米国防総省のジェフ・デービス(Jeff Davis)報道官は、ロシアから訓練を受けるクルド人部隊は米国が過去に手を組んだ部隊ではないとし、クルド人部隊は「多種多様な人々」で構成されていると述べた。
【翻訳編集】AFPBB News

関連ニュース

関連写真

新たな「日英同盟」着々、物品提供協定に続き...

2017年3月24日、新「日英同盟」に向けた動きが加速している。1月の物品役務相互提供協定(ASCA)署名に続き、今月には次世代ステルス戦闘機での技術協力に向け覚書を締結した。米国の同盟国という共通点を持つ日英両国の安全保障協力の強化は、南シナ海な...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画