Sony
  • so-netトップ
  • インターネット接続
  • 特典・ポイント
  • オプション・コンテンツ
  • サポート
  • マイページ

ニュース

ジミー大西の半生ドラマ化「というか僕よりうまい」

  • 2017年 03月21日 13時07分
  • 提供元:日刊スポーツ
「島ぜんぶでお~きな祭 第9回沖縄国際映画祭」の発表会見に出席した芸人たち。前列中央がジミー大西

写真拡大

「島ぜんぶでお~きな祭 第9回沖縄国際映画祭」の発表会見に出席した芸人たち。前列中央がジミー大西

「島ぜんぶでお~きな祭 第9回沖縄国際映画祭」(4月20~23日)の発表会見が21日、都内で行われた。特別上映される明石家さんま(61)企画・プロデュースのネットフリックスのオリジナルドラマ「Jimmy~アホみたいなホンマの話~」は、中尾明慶(28)と小出恵介(33)のダブル主演。ジミー大西(53)の半生をドラマ化した。
 ジミー役の中尾は「本当にドラマにできるのかな、やめたいなと思った。だけど、さんまさんにお世話になっているし、『お前が、やれ』と言われたので頑張りました」。さんま役の小出は「悩んだけど、さんまさんがプロデュースすることなんて、もうないと思ったので引き受けました」と話した。
 撮影現場では、さんまとジミーも参加して、4人でリハーサルを行った。中尾が「おふたり(さんまとジミー)が、1話の最初から最後までやって見せてくれたんだけど、絶対に超えられないと思った。さんまさんが、ジミーさんのことを『こういう男だ』と見せてくれるんだけど、意識すると難しくなるので気にしないようにした」。完成した作品は見た、さんまからメールをもらった。「『本当に、やってくれてよかった』と。ホッとしました」と笑顔を見せた。東京生まれの小出は「関西弁のセリフは意外とできました。でも、台本通りにセリフを言っても、さんまさんから『今のはないわ』と駄目出しを受けました」と苦笑いした。
 ジミーは「中尾君は似ているというか、僕よりうまい。僕が100%なら1000%」。師匠のさんまについては「若(わか=さんま)のことは、自分の育ての親だと思っています。ここまで育てていただいたので、葬式も若に出していただく約束なんで保険も入ってません」。見どころについて質問されると「さんまさんから『台本を見るな』と言われているので分かりません」と答えて、笑われた。

関連ニュース

関連写真

河北裕介氏、インスタグラム乗っ取り被害を報告

ヘアメークアップアーティスト河北裕介氏(41)のインスタグラムアカウントが24日、何者かに乗っ取られる被害に遭っていたことを、新たに立ち上げた同SNSのアカウントで報告した。  AKB48小嶋陽菜ら、多くのトップモデルを担当し、書籍「河北大人メ...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画