Sony
  • so-netトップ
  • インターネット接続
  • 特典・ポイント
  • オプション・コンテンツ
  • サポート
  • マイページ

ニュース

中国の人気バラエティーに福原愛さん出演、卓球元世界王者をいじる「やせたんじゃない?」―中国メディア

  • 2017年 03月21日 14時10分
  • 提供元:Record China
天才的な頭脳を競い合う江蘇衛星テレビの人気バラエティー番組「最強大脳」は17日、外国人の出場者を招く対抗戦を行い、日本の卓球選手・福原愛さんがゲストとして登場した。

写真拡大

天才的な頭脳を競い合う江蘇衛星テレビの人気バラエティー番組「最強大脳」は17日、外国人の出場者を招く対抗戦を行い、日本の卓球選手・福原愛さんがゲストとして登場した。

天才的な頭脳を競い合う江蘇衛星テレビの人気バラエティー番組「最強大脳(SUPER BRAIN)」は17日夜、外国人の出場者を招く対抗戦を行い、日本の卓球選手・福原愛さんがゲストとして登場した。信息時報が伝えた。



福原さんのテレビ出演は台湾の卓球選手・江宏傑さんとの結婚後初。特筆すべき点は、中国の卓球ナショナルチームの劉国梁監督が同戦の審査員を務めていることで、互いをよく知る劉監督と福原さんが顔を合わせた。



撮影スタジオで、劉監督に会った福原さんが「やせたんじゃない」といじると、劉監督もうれしそうに、「愛ちゃんは口が達者」と返した。



顔なじみの劉監督について、福原さんは、「私たちは交流した機会が多く、他の国の選手と対戦する時、よくヒントをくれる」と、かわいがってもらっていることを明かした。



「最強大脳」の世界戦では、中国の胡宇軒くん(13)と数独の世界チャンピョン森西亨太さんが、数独の速算対決を5ラウンド戦った。数独の世界ランキングで、胡くんは29位と、チャンピオンの森西さんには実力差があるため、同番組の審査員・北京大学心理学認知学研究所の魏坤琳教授も「勝つためには力で押すしかない」とアドバイス。



対戦では、森西さんが驚くスピードの速算を見せ、連続2ラウンドを取ったものの、崖っぷちに立たされた胡くんが落ち付きを取り戻し、次の1ラウンドを奪取。一気に逆転しそうな白熱した展開に、ゲストらは「すごい」と声を揃え、森西さんを応援していた福原さんも「森西さんを応援していたけど、このラウンドを見て、胡くんを応援したいと心から思うようになった」とコメントした。(提供/人民網日本語版・編集/KN)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

韓国サムスン、“爆発スマホ”の次は「この世...

2017年3月21日、韓国メディア・韓国経済によると、昨年スマートフォン「ギャラクシーノート7」の発火問題に揺れた韓国のサムスン電子が、安全性強化に総力を傾けたという最新モデル「ギャラクシーS8」を近く発売する。 「S8」のバッテリーを製作するサ...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画