Sony
  • so-netトップ
  • インターネット接続
  • 特典・ポイント
  • オプション・コンテンツ
  • サポート
  • マイページ

ニュース

プエルトリコ決勝へ…延長11回、サヨナラ勝ち

  • 2017年 03月21日 14時45分
  • 提供元:読売新聞
1回2死3塁、バレンティンが先制2ランを放つ(捕手・モリーナ)=泉祥平撮影

写真拡大

1回2死3塁、バレンティンが先制2ランを放つ(捕手・モリーナ)=泉祥平撮影

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は20日、ロサンゼルスのドジャースタジアムで準決勝が行われ、前回準優勝のプエルトリコ(2次ラウンド2組1位)が延長十一回の末、オランダ(同1組2位)に4−3でサヨナラ勝ちし、決勝進出を決めた。
 一回にバレンティン(ヤクルト)の2ランで先制されたプエルトリコはその裏、コレアの2ランで追いつき、二回にはT・リベラのソロで勝ち越した。その後も、たびたび無死から走者を出すが、追加点は奪えず、逆に五回に、ザラーガの二塁打で追いつかれた。
 両チームの救援投手が踏ん張り、延長戦に突入。タイブレイクの十一回表、プエルトリコは一死満塁から併殺を奪い、得点を許さずににしのぐと、その裏、一死満塁からロサリオが中犠飛を放ち、サヨナラ勝ちした。

関連ニュース

関連写真

作新学院が夏春連覇へ好スタート…選抜野球

作新学院9―1帝京第五(1回戦=23日)――作新学院(栃木)は一回、3連続長短打で3点先行。  三、四回にも2点ずつ加えて突き放し、甲子園夏春連覇へ好スタートを切った。帝京第五(愛媛)は九回に堀内の二塁打で1点を返したが、反撃が遅かった。

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画