Sony
  • so-netトップ
  • インターネット接続
  • 特典・ポイント
  • オプション・コンテンツ
  • サポート
  • マイページ

ニュース

【SUPER JUNIOR】ヒチョル、日本でラーメン屋をはじめる!? 本気の愛が伝わる「ラーメン本」撮影裏話

  • 2017年 04月01日 16時00分
  • 提供元:ウレぴあ総研
モエレ沼公園  撮影:平岩 亨

写真拡大

モエレ沼公園 撮影:平岩 亨

日本でもCDを出せばオリコン1位になり、東京ドームや京セラドームでライブを行うSUPER JUNIOR(スーパージュニア)。


華麗なルックスと奇抜な行動で人気を博しているメンバーのヒチョルさんは、ドームでのライブのときでさえ、「ラーメン食べに来た」と言ってしまうほどのラーメン好きとして知られています。


そのヒチョルさんが、なんと日本のラーメンを食べ歩くという初の著書『「MY RAMEN-FUL LIFE」~今日、ラーメン食べに行こう!北海道編~』が、1月7日に発売になりました。


ファンのみなさんに「ヒチョルのラーメン本」と親しまれている本書ですが、ラーメンだけでなく、北海道のガイドブックとしても充実しているのです。


発売以来、「この本持って、北海道旅行に行った!」というご報告もいただいています。なかなか見ることができないナチュラルなヒチョルさんのおひとりさま旅を追ったロードムービー風ガイドブックは、荷物にならないA5判。


実際にヒチョルさんが旅をした行程やマップも掲載されていますので、北海道遠征をするE.L.Fのみなさん、また春休みに旅行を検討中のみなさん、本書を片手にヒチョルさんと同じ旅を体験してみてはいかがでしょう?


今回は、特別に本書未掲載の写真と共に、撮影の裏話をお届けします!


モエレ沼公園

「ラーメンが食べられる!」と期待一杯。朝ゴハンも機内食も食べずに新千歳空港に到着したヒチョルさん。


到着第一声が「お腹すいたー!」でしたが、ここから最初のロケ地、モエレ沼公園へ。お腹はペコペコですが、愛するラーメンを美味しく食べるために間食をガマンして撮影に臨んでくださいました。


モエレ沼公園は、イサム・ノグチ設計のガラスのピラミッドが有名ですが、あえて、自然をフィーチャーした写真を撮影。「普段なかなかこういう大自然のある場所に行く機会がないんですよ」というヒチョルさん。


スタッフさんに厳しいディレクションをしながら、セルフカメラで山頂で動画を撮影していました。


すすきの

夜、ようやくラーメンを食べてお腹がいっぱいになったところで、札幌イチの繁華街、すすきのへ。


自然の中のヒチョルさんもステキですが、ザワザワする喧噪の中でもカッコいい! 路面電車を「これ、韓国にはない!」と、楽しそうに眺めていた交差点も、本の表紙になった「元祖 ラーメン横丁」もすすきのです。


ヒチョルさんと同じ場所での記念撮影はいかがでしょうか?


もいわ山

夜におススメなのは、新三大夜景が楽しめるもいわ山。中腹から山頂までは、「もーりすカー」という世界初のミニケーブルカーで上がると、そこからは見事な札幌市内の夜景が望めます。


夜景の美しさに「わー!」とテンションが上がったヒチョルさんでした。


一粒庵

こちらのお店は、札幌駅近く。時計台、テレビ塔などもほど近い場所なので、観光もラーメンも楽しめます。


ヒチョルさんが食べた「マーボーラーメン」は、熱い・辛い・旨い! そのうえ緑豆春雨使用でローカロリーなので、女性にはうれしいラーメンです。


新千歳空港

韓国帰国日、最後の撮影地は新千歳空港です。


空港内にはたくさんの飲食店がありますが、さすが札幌、ラーメン店だけが集まったフードコート「北海道ラーメン道場」が。


別の日に訪れていた「らーめん空(そら)」もあります!こちらラーメン店には、空港限定メニューが多いので要チェックです。


ファンクラブイベントでの提案が、本当にラーメン本を作るきっかけに

本書発売の発端は、2016年1月に有明コロシアムで開催された『SUPER JUNIOR Special Event “SUPER CAMP” in TOKYO』。


ラーメン愛があふれすぎて、ファンクラブイベントで「日本でラーメン本を出したい!」ともらしたヒチョルさんの言葉からプロジェクトはスタートしました。


そして、その言葉からちょうど1年後、ヒチョルさん初の日本単独ファンクラブイベント『SUPER JUNIOR-HEECHUL FANCLUB EVENT 2017~ヒチョルのニコニコSHOW!~』の日に発売となったのです。


ヒチョルさん自身も出来上がった本を見たのは発売日の当日で、豊洲PITの楽屋でさっそく手に取って見てくださいました。


発売を記念した記者会見でも「デビュー前から本を出したいという思いがありました。


いろいろな提案もいただいていたのですが、本当に僕の好きなことを本にしたくて、なかなか話がまとまらなかったんです。だから、僕のほうから“ラーメン本を出したい”と提案して実現した企画です。


こうやって本になって、本当に感動。母もすごく喜んでいたので、翻訳をして届けてあげたいです」と、完成の喜びを吐露。


日本のマンガやゲームをきっかけに、ラーメンに興味を持つように

そもそも、なぜヒチョルさんはラーメン好きになったのか?


北海道を旅する途中でその疑問をぶつけてみたところ、「日本のマンガに、ラーメンを食べているシーンがよく出てくるじゃないですか。それで憧れて」という答えでした。


マンガやアニメ、ゲームといった日本のサブカルチャーを愛するヒチョルさんらしく、会見でも「ラーメンの魅力は、麺と職人の匠の精神。


中学のことから日本に行ったらやってみたいことがあったんです。それは、職人さんがラーメンを作っている姿を見ることと、マンガのように、スシを2握りで本当に作れるかどうかを確かめたいってことでした(笑)」と、大熱弁でした。


単独ファンクラブイベントの終演間際にも「今日はこのあと、お鮨を食べに行こうと思ってるんだけど、ラーメン本を出した僕からすると、なんだか浮気のような気がして……」と言って、その日はラーメン(しかも、北海道味噌ラーメン!)を食べに行ったヒチョルさん。


翌日行われた著者サイン会の会場でも「昨日、ラーメンに行ったので、今日はお鮨を食べてもいいですか?」とファンのみなさんのお許しを得たていましたが、ラーメンとお鮨、本当に好きなんですね。


本の写真についての感想は「全部気に入ってるんですけど、初日から3日目にむかって、どんどん顔の大きさが変わっているんです。ラーメンを食べて、むくんじゃって」と言っていましたが、北海道での撮影中には「明日も撮影があるから」とお酒を控えるプロフェッショナルな姿も見せてくれました。


日本滞在中は、「3食ラーメンでもOK」だというヒチョルさん。


「大阪は僕のナワバリ。いきつけのラーメン屋さんもある」と公言していることもあり、初のラーメン本は大阪編かと思いきや、「行ったことのない場所で、ラーメンを味わいたい」というご本人のリクエストで北海道の味噌ラーメンを紹介することになりました。


記者会見で続編についてきかれると、「次にもまた出せるとしたら、僕がよく行く東京編や大阪編も出してみたいですね。沖縄にはまだ行ったことがないので、沖縄もいいですね」と次回作への意欲を見せてくれました。


次作が出せるかどうかは、本作の成果次第。みなさんの応援にかかっています!


また、会見では、「じつは僕、日本でラーメン屋を出すことも真剣に考えているんです。それについては、事務所とじっくり相談して考えないと」と、本気のラーメン愛も激白。


これだけラーメンを愛するヒチョルさんが、本書の中で食べたラーメン1杯ずつにコメントもしていますので、隅々まで必見です。


「僕は日本の方が、韓国文化の本を韓国で出版するのを見て、“日本の人なのに韓国のことをよく知ってるな”と思います。


この本を読んで“ヒチョルは本当にラーメンが好きなんだな”って感じていただければうれしいです。僕のファンには、僕のイケてる写真がいっぱいありますので楽しんでください」というメッセージもくださいました。


ヒチョルと一緒に旅している気分に慣れる!? 春の訪れを感じることができる札幌へ本を片手に行ってみよう。

「本屋さんに行ったら売り切れていました」というお問い合わせをいただきますが、お近くの本屋さんに無い場合は、その本屋さんにお取り寄せをお願いすることもできます。また、弊社通販サイト『BOOKぴあ』(http://piabook.com/shop/g/gA21160037/)では、送料無料でお買い求めいただけますので、お得ですよ。


春めいてきた札幌・小樽へこれから旅行しよう!という方は、ぜひ、この本を旅のお供にしてくださいね。


【関連記事】

関連ニュース

関連写真

【V系】10年前ってこんなに違ったの!? ...

「ヴィジュアル系」というジャンルが誕生しブームを巻き起こした90年代に比べて、あまり振り返られることが少ない「ゼロ年代」のヴィジュアル系。 世間的にはブームが去り一時は「冬の時代」と呼ばれてはいたものの(それでもCD売上は今よりずっと高いんですけど...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画