Sony
  • so-netトップ
  • インターネット接続
  • 特典・ポイント
  • オプション・コンテンツ
  • サポート
  • マイページ

ニュース

【TopSecret】デビュー後初日本単独公演開催! 「桜より皆さんの方がもっときれい」【ライブ&会見レポート】

  • 2017年 04月05日 20時37分
  • 提供元:ウレぴあ総研
TopSecret

写真拡大

TopSecret

今年1月に韓国デビューした新人ボーイズグループ、TopSecret(トップシークレット)が4月2日、東京・豊洲PITにてデビュー後初となる日本単独ショーケースを開催した。


メンバーはアイン、ケイ、ヨハン、ウヨン、ジョンフン、ヨンヒョン、ギョンハの7人。グループ名「TopSecret」には、“輝く存在としてトップまで飛翔する”という意味が込められている。今年1月4日にミニ・アルバム『Time's Up』で韓国デビュー。デビューに先駆け、日本、フィリピン、中国、台湾でプロモーションを行うなど、グローバルな活動で話題となり、今年2月には、「さっぽろ雪まつり9th K-POP FESTIVAL 2017」に出演し、大きな注目を集めた。


快晴に恵まれたこの日、会場には早くから開場を待つ多くのファンの姿が。建物内に入ると、単独公演を待ち望んでいたファンからTopSecretへ贈られたバルーンスタンドやお花スタンドが数多く飾られ、ロビーを華やかに彩っていた。


スタート時間が近づくにつれ、会場はメンバーの登場に胸躍らせるファンの期待と熱気が高まっていく。そんな中、お揃いの白い制服風衣装に身を包んだメンバーが、一曲目『イルム プルジドマ』を歌いながら登場し、ショーケース -1st stage-スタート! ファンの大歓声に包まれながら、見事なボーカルで『Without you』『Something Special』を披露。高シンクロ率のキレのあるダンスを繰り出し、観客を魅了していく。


また、メンバーのケイとアインが美しいハーモニーを聴かせるバラード曲も。踊れるだけなく、聴かせるグループでもあるということを強く印象付けていた。さらに、リーダーのアインが「僕たちはカッコイイとか力強い(曲)とかばっかりだったけど、カワイイもお見せします!」と、人気ガールズグループ、TWICEの『TT』をカバー。キュートすぎるメンバーの動きに、客席からは「かわいいー!!」の声が続出していた。


MCは、ほぼ日本語。「僕たちは、こんなに大きいステージ(で単独イベントをするの)は初めてだから、今も緊張しています」(アイン)と、うれしさと緊張をにじませる。


だが、「カワイイ末っ子だお♡」と、最年少メンバーのギョンハが愛嬌を振りまけば、最年長メンバーのケイがトレンディエンジェルのギャグ風に「お兄さんだぞ?」と客席の笑いを取る一幕も。さらに、「桜より、皆さんの方がもっときれいだよ」(アイン)という甘い言葉も飛び出し、ファンの心をわしづかみにしていた。


1時間という短いイベントだったが、TopSecretの魅力を十分に伝えた公演だった。


公演終了後には、記者会見も行われた。


親指を反り返らせて手の甲にくっけたり(アイン)、座った状態から腕だけで逆立ちをする(ジョンフン)など、彼らの驚くべき特技紹介のほか、質疑応答コーナーも。


グループ名にちなんで「それぞれがトップシークレットにしていることは?」という質問には、「見た目はかわいいけど体はムキムキ。(腹筋は)シックスパックです」(ヨンヒョン)とアイドルらしく“脱いだらスゴイ”宣言。また、「あまり仲がよくないメンバーがいる」(ケイ)、「ケンカしてみたいメンバーがいる」(ジョンフン)とぶっちゃけるメンバーも。


すると、「宿舎の冷凍庫に入っていたジョンフン君のアイスクリームを食べたのに、室長が食べたと嘘をつきました」(アイン)と懺悔する者、「寝ているケイ兄さんのほっぺにKissをしたことがあります!」(ギョンハ)と、メンバーもびっくりの告白も飛び出す!


彼のぶっちゃけトークは止まらず、「宿舎で(寝るときは)下着だけ」(ウヨン)、「僕は下着をつけずにパジャマだけを着ています!」(ヨハン)とヒートアップ。TopSecretの名に恥じない、謎の暴露合戦(!?)を見せつけたメンバーたちは、会見すら大いに盛り上げていた。


そんなTopSecretたちだが、4月27日に東京、5月3日に広島で行われるKBS world主催「K-POPで楽しく学ぼう~KBS World韓国語講座 with TOPSECRET」で講師を務める。さらに、5月14日には北海道で単独コンサートも決定。詳細は、日本公式ファンクラブサイト(https://topsecret-ts7.jp/)まで。ハツラツとした魅力輝く7人の今後に注目しよう。


【関連記事】

関連ニュース

関連写真

【V系】10年前ってこんなに違ったの!? ...

「ヴィジュアル系」というジャンルが誕生しブームを巻き起こした90年代に比べて、あまり振り返られることが少ない「ゼロ年代」のヴィジュアル系。 世間的にはブームが去り一時は「冬の時代」と呼ばれてはいたものの(それでもCD売上は今よりずっと高いんですけど...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画