Sony
  • so-netトップ
  • インターネット接続
  • 特典・ポイント
  • オプション・コンテンツ
  • サポート
  • マイページ

ニュース

日本郵政、“数千億円”損失計上へ “買収”豪州子会社が業績不振に

  • 2017年 04月21日 13時27分
  • 提供元:TBS Newsi

音量調整は、動画プレーヤー内の音量調整ボタンを使用して行ってください

 日本郵政は、2015年にオーストラリアの物流大手「トール・ホールディングス」をおよそ6200億円で買収しました。しかし、資源価格の下落でオーストラリアの景気は低迷し、トール社の業績は悪化していて、日本郵政は今年3月期の決算で、数千億円規模の損失の計上を検討しているということです。  「トール社にかかるのれんの扱いについては減損の要否を含め、現在検討中とのコメントが(日本郵政から)出された。総務省としてコメントは差し控えさせていただきます」(高市早苗 総務相)  政府は、東日本大震災の復興予算を捻出するため、日本郵政株を追加で売却する予定ですが、損失計上すれば、売却の計画などにも影響が出る可能性もあります。(21日11:38)

関連ニュース

関連写真

中国国際航空が平壌便再開、5月5日から週2...

【AFP=時事】中国国際航空(Air China)は25日、一時停止していた北京(Beijing)と北朝鮮の首都・平壌(Pyongyang)を結ぶ便の運航を5月5日から再開する方針を明らかにした。同航空による平壌便の運航停止は、北朝鮮に核開発計画を...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画