Sony
  • so-netトップ
  • インターネット接続
  • 特典・ポイント
  • オプション・コンテンツ
  • サポート
  • マイページ

ニュース

「シリアが化学兵器保持、確信」…米国防長官

  • 2017年 04月21日 20時48分
  • 提供元:読売新聞
 【エルサレム=上地洋実、北京=東慶一郎】米国のマティス国防長官は21日、訪問中のイスラエルで記者会見し、「シリアが化学兵器を保持しているのは間違いない」と述べた。
 その上で、シリアのアサド政権が再び化学兵器を使用しないよう警告した。
 イスラエルのリーベルマン国防相との共同記者会見で語った。リーベルマン氏も「アサド政権が化学兵器を使ったと確証できる情報がある」と強調したが、詳細は明らかにしなかった。
 シリア北西部イドリブ県では今月4日、化学兵器を使ったとみられる空爆があり、80人以上が死亡。トランプ米政権はシリア軍が行ったと断定し、シリア攻撃に踏み切った。
 化学兵器禁止機関(OPCW)は、4日の空爆の犠牲者から、サリンかサリンに類似した物質を検出したとしている。ただ、アサド政権は化学兵器の使用を否定しており、ロシアも支持している。

関連ニュース

関連写真

米中首脳会談での安全保障協力合意、意義深い...

2017年4月25日、中国駐日大使館の張梅広報担当参事官が記者会見し、懸案の北朝鮮情勢について、「中国は国連安保理決議に基づいて、関係各国と緊密に連携している。対話と協議を通じて解決するよう希望する」と指摘。その第一歩として(1)北朝鮮がミサイル発...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画