Sony
  • so-netトップ
  • インターネット接続
  • 特典・ポイント
  • オプション・コンテンツ
  • サポート
  • マイページ

ニュース

「退位」有識者会議が最終報告、安倍首相に提出

  • 2017年 04月21日 21時09分
  • 提供元:TBS Newsi

音量調整は、動画プレーヤー内の音量調整ボタンを使用して行ってください

 「政府といたしましては、国会の議論の取りまとめを踏まえ、今後この最終報告を参考としつつ、天皇陛下の退位を実現する法案の立案を進め、速やかに国会に提出するよう全力を尽くしたいと考えております」(安倍首相)  政府の有識者会議は去年8月の天皇陛下の「お気持ち」表明を受ける形で、これまで14回にわたり議論を重ね21日、安倍総理に対して「最終報告」を提出しました。  「最終報告」には退位後の天皇、皇后の称号はそれぞれ「上皇陛下」「上皇后陛下」とすることが適当ということや、身の回りのお世話をする「上皇職」という新たな組織を設けることなどが盛り込まれました。また、皇太子さまが即位された場合、皇位継承順位第1位となる秋篠宮さまの呼称については「秋篠宮殿下」に、次の天皇陛下を指す「皇嗣」という名称を加えることを提案しています。  政府は有識者会議の「最終報告」を受けて、法案の作成作業を急ぎ今の国会で与野党の賛成を得て成立をさせたい考えです。(21日20:07)

関連ニュース

関連写真

今村復興相の後任に吉野氏起用へ

吉野議員は、福島5区選出、当選6回の衆院議員です。  今村氏の後任選びについて政府関係者は「もう失敗できない」と話していて、閣僚経験者などを充てることも検討していましたが、被災地である福島選出の吉野議員の起用が固まりました。  吉野議員は26日の...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画