Sony
  • so-netトップ
  • インターネット接続
  • 特典・ポイント
  • オプション・コンテンツ
  • サポート
  • マイページ

ニュース

上海モーターショー、ブラック技術に注目=新車も続々―中国

  • 2017年 04月21日 22時30分
  • 提供元:Record China
2年に1度開催される上海モーターショーが今年も予定通りにスタートした。

写真拡大

2年に1度開催される上海モーターショーが今年も予定通りにスタートした。

2年に1度開催される上海モーターショーが今年も予定通りにスタートした。会期は今月19日から28日までで、世界の自動車産業の最新の変革と発展を集中的に展示する場所になる。今回は国内外の自動車メーカー1千社あまりが出店し、展示面積は36万平方キロメートルを超え、出展される完成車は1400台、そのうち世界初お目見えが113台に上る。注視されるのは、インターネット自動車メーカーを代表とする自動車製造の新たな勢力の台頭で、メディアや来場者の注目の的になっている。北京日報が伝えた。



▽ブラックテクノロジー、フロントガラスがナビ画面に



この大規模なモーターショーで、新車を除いてもっとも注目を集めているのは各種産業にかかわるブラックテクノロジーだ。



自動車を運転するときは常にナビゲーション装置を使用するものだが、携帯電話のナビアプリにしろ車内に設置されたナビシステムにしろ、ドライバーが目線を下げて画面を見る必要があり、危険な状態に陥りやすい。上海汽車工業傘下の栄威が打ち出したスポーツ用多目的車(SUV)の電気自動車(EV)「光之翼」は、軍の戦闘機に搭載されてきたヘッドアップディスプレイ(HUD)を自動車に移植し、ナビ情報をフロントガラスに映し出す。これに拡張現実(AR)技術を加えて、投影された情報がより見やすくなっており、科学技術の息吹が濃厚に感じられる。



日産自動車は仮想現実(VR)技術を利用した翼つき飛行装置を出展した。VRメガネをかけ、体を装置に預けると地面から持ち上げられ、これににおいや水しぶきが発生する装置の効果も加わって、高い上空から急降下する感じ、峡谷や滝やジャングルの間を飛び回る感じなど、さまざまな場面をリアルに体験することができる。北京汽車集団は傘下の北京通用航空のヘリコプター「AW119」、「小青竜」ブランドのドローン、「天眼」プロジェクトのドローン、航空機「P750」の模型を出展した。



超小型タービン発電機レンジエクステンダーとスーパー電池(スーパーキャパシタ)という動力の組み合わせが大きな注目を集めている。正道汽車(ハイブリッド・キネティック・モーターズ)が独自に開発したグラフェン・スーパーキャパシタはエネルギー密度が1キログラムあたり300ワット毎時に達し、持続的な充放電が4万回以上可能で、ガソリンと電気を併用した場合の総航続距離は1000キロメートルを超える。



▽新エネルギー、電動コンセプトカーが注目点に



フォルクスワーゲン(VW)グループ傘下のスコダのブースには、3タイプの自動運転システムの電動コンセプトカー「Vision E」が並び、多くの来場者が足を止めていた。スコダによると、「高速道路では自動運転が可能で、停車時には何もしなくても自動的に停車位置に移動する。渋滞時には独立した操作を行う」という。スコダは航続距離が500キロメートル、最高時速が180キロメートルに達する四輪駆動の電気自動車(EV)第1弾を今回のショーでお披露目した。VWはクーペとSUVをクロスオーバーで融合させたEV「I.D.CROZZ」について、20年に中国での大量生産を実現させるとしている。



今回のモーターショーに出展された新エネルギー車は159台で、このうち国内メーカーが96台、海外メーカーが63台だった。大手メーカーの先端技術、最新の設計、環境保護理念を体現する電動コンセプトカーが大きな注目点となり、モバイルインターネットや自動運転などの新興技術との連携が今後の自動車の発展トレンドになるとみられる。



北京新能源汽車(北汽新能源)は傘下の重量級製品8車種を携えて登場した。4月に発売されたばかりのビジネス車「EH300」、スタンダード車の「EU260」や「EC180」、さらに高級ブランドの「ARCFOX-1」や「ARCFOX-7」などがある。今回初お目見えとなったのは航続距離400キロメートルの「EX400L」のSUVニューモデル車で、来年の発売が予定される。このほか観致汽車の「Model K-EV」、広汽伝祺の「GE3」、比亜迪の「宋EV」などの新エネルギー車が続々登場し、来場者の目を楽しませた。



▽新ブランド、妍を競うインターネット自動車メーカー



過去のモーターショーに比べて、今回は規模が過去最大であるだけでなく、自動車の新ブランドの姿が多くみられるところに特徴がある。



11車種をひっさげてモーターショーに登場した蔚来汽車は新参組だが、伝統的メーカーの目の前で臆することなく大規模な陣営を張った。会場の国家エキシビションセンター7.1館をみると、蔚来の展示面積は3600平方キロメートルに達し、新顔ブランドの中で出展の陣容がもっとも大きい。最新の量産車「蔚来ES8」が初めて公開され、主力車種の「超[足包]EP9」も予約販売をスタートした。第1段の6台のオーナーには馬化騰氏、劉強東氏、雷軍氏ら6人の起業家・投資家の名前が並び、第2段は限定10台が製造されるという。



ネット企業が産業の入り口に群れなす自動車分野にあって、こうした自動車製造の新たな勢力は今や翼に力を蓄えて羽ばたこうとしており、決して軽視することはできない存在だ。とはいえ、伝統的自動車メーカーも古いやり方にしがみついているわけではない。吉利汽車の新ブランド「LYNK&CO」が初めて姿を現し、第1段となる量産タイプの「01」は今年第4四半期(10〜12月)に発売予定で、主に中級車・高級車市場をねらい、国内の主要合弁ブランドをライバルと見定める。長城汽車の高級車新ブランド「WEY」も、クーペタイプの「SUV WEY VV7」をモーターショーで初公開した。(提供/人民網日本語版・編集/KS)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

もう勝利宣言? マクロン氏の言動に側近も苦...

【AFP=時事】フランス大統領選で5月7日の決選投票に駒を進めた中道系独立候補のエマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)前経済相(39)が、第1回投票後の選挙集会で支持者らに対し既に勝利したかのような高慢な発言をした上、派手なパーテ...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画