Sony
  • so-netトップ
  • インターネット接続
  • 特典・ポイント
  • オプション・コンテンツ
  • サポート
  • マイページ

ニュース

「森友」校舎売却求める…民事再生を申請

  • 2017年 04月21日 23時45分
  • 提供元:読売新聞
記者会見で森友学園の今後を説明する籠池町浪理事長(左から2人目)(21日午後7時20分、大阪市東淀川区で)=近藤誠撮影

写真拡大

記者会見で森友学園の今後を説明する籠池町浪理事長(左から2人目)(21日午後7時20分、大阪市東淀川区で)=近藤誠撮影

 学校法人「森友学園」(大阪市)は21日、民事再生法の適用を大阪地裁に申請し、同地裁から保全管理命令を受けた。
 大阪府豊中市で購入した国有地に建設していた小学校の開校が中止に追い込まれ、資金繰りが悪化していた。保全管理人に選任された疋田ひきたきよし弁護士は同日の記者会見で、校舎を取り壊さずに第三者への売却を求め、国と協議する考えを示した。大阪市淀川区の「塚本幼稚園」は継続し、籠池かごいけ泰典・前理事長と妻は運営に関与させないとしている。
 大阪市内のホテルであった記者会見で申請代理人の中井康之弁護士は、現時点の負債総額は約17億円と説明。内訳は▽豊中市の小学校の工事代金(約10億円)▽金融機関からの借り入れ(約5億6000万円)▽国有地の購入代金(約1億円)――など。負債はさらにふくらむ可能性がある。

関連ニュース

関連写真

GPS捜査裁判、最高裁判断受け弁論再開

この裁判は、神奈川県に住む男2人が2014年に静岡県や山梨県でトラックなどを盗んだ罪に問われているもので、2人は、「車の運搬を頼まれただけだ」などとして、いずれも無罪を主張しています。  裁判では警視庁が裁判所の令状なしで行ったGPS捜査の違法性...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画