Sony
  • so-netトップ
  • インターネット接続
  • 特典・ポイント
  • オプション・コンテンツ
  • サポート
  • マイページ

ニュース

新たな区割り案、現職多い自民 候補者調整で難航か

  • 2017年 04月22日 02時23分
  • 提供元:TBS Newsi

音量調整は、動画プレーヤー内の音量調整ボタンを使用して行ってください

 今週、政府に提出された新たな区割り案は衆議院の小選挙区の定数を青森、岩手、三重、奈良、熊本、鹿児島の6県で1ずつ削減するなど、19都道府県・97選挙区で区割りを見直す内容となっています。  自民党は前回の衆院選で定数減となった6県のうち比例復活も含めると青森、岩手、熊本、鹿児島の4県で全ての選挙区に現職を抱えており、候補者調整が難航することは確実です。党の選挙制度改革に関する本部長を務める細田総務会長は、候補者調整について「党の選対本部、あるいは執行部で調整しないといけない。現職が多いので極めて大変な作業だ」と述べました。(21日19:33)

関連ニュース

関連写真

今村復興相辞任へ、事実上の更迭

「社会資本等のですね、毀損も、いろんな勘定のしかたがございますが、25兆円という数字もあります。これはまだ東北でですね、あっちの方だったから良かったので、これがもっと首都圏に近かったりすると莫大な甚大な被害があったというふうに思っております」(今...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画