Sony

ニュース

Amazon、タブレット刷新 薄くて軽い「Fire 7」、値下げ「Fire HD 8」発売

  • 2017年 05月17日 22時00分
  • 提供元:ITmedia NEWS
Fire 7とFire HD 8

写真拡大

Fire 7とFire HD 8

 Amazon.comは5月17日(日本時間)、新型タブレット「Amazon Fire 7」と「Amazon Fire HD 8」を発表した。Fire 7は、ディスプレイの視認性やバッテリー駆動時間を改善したほか、従来機種「Fire」と比べて薄型化・軽量化。Fire HD 8は、同名の旧モデルと比べて基本性能はそのまま、価格を下げた。日本を含む各国で同日から予約を受け付け、6月7日に発送を始める予定。価格はFire 7が8980円、Fire HD 8が1万1980円(以下税込、プライム会員は4000円引き)。


 Fire 7は、7インチIPSディスプレイ(1024×600ピクセル、171ppi)を搭載。ディスプレイのピクセル形状を正方形に改善したことで、画面上の画像や文字が見やすくなったという。


 従来機「Fire」と比べると、約1ミリ薄く、約18グラム軽量化。バッテリー駆動時間も1時間延び、最大8時間としている。価格も従来機から1000円引き下げた。本体サイズは約192(縦)×約115(幅)×約9.6(奥行き)ミリ、重さは約295グラム。


 新型Fire HD 8は、旧型と同じく8インチHDディスプレイ(1280×800ピクセル、189ppi)を搭載し、バッテリーの駆動時間は最大12時間。基本性能は据え置きだが、価格を3000円下げ、1万1980円に。本体サイズは約214(縦)×約128(幅)×約9.7(奥行き)ミリ、重さは約369グラム。


 ストレージは、Fire 7が8GBと16GB、Fire HD 8の新型が16GBと32GBの2種類を用意。外部ストレージの対応容量(microSDで拡張可能)は、従来モデル(Fire、旧Fire HD 8)と比べると56GB増え、256GBになった。


 現行モデルと同様、夜間の使用時にブルーライトを抑制する「Blue Shade機能」、ユーザーの視聴履歴などに基づき、次に見る動画を予測して再生準備(ストリーミング)をしておく「ASAP機能」――なども備える。


 このほか、縦向き・横向きどらちでも使える純正保護カバーも発売。横向きの場合はタブレットスタンドのようにして使える。価格はFire 7版が2690円、Fire HD 8版が3480円。


●Fireシリーズは“エンタメ特化”


 「Fireシリーズは、Amazonの電子書籍サービス『Kindle』との親和性が高く、読書に使う日本人ユーザーが非常に多い」――アマゾンジャパン デバイスマーケティング本部長の橘宏至さんはそう話す。読書のほかは、動画視聴やネット、ゲームなど「使用目的がエンターテインメントに偏っている」(橘さん)という。


 そうしたニーズに合わせ「(新モデルは)より安い価格で、7インチと8インチ、ストレージ容量を選べるように主眼を置いた」と橘さんは説明する。


 同社のデバイスプロダクトマネジメント本部の橋本肇さん(シニアプロダクトマネージャー)は「Fireシリーズは、エンターテインメント関連のコンテンツが楽しめるように設計している」と話す。画面上部に表示される「本」「ビデオ」などのカテゴリーを、横スクロールして切り替えできるのも、同製品の特徴という。「雑誌のページを開くようにコンテンツを楽しめる」(橋本さん)。

関連ニュース

関連写真

最強囲碁AI「AlphaGo」全勝 世界最...

「The Future of Go Summit」(中国・浙江省(せっこうしょう))で5月23日(現地時間)から開かれている、囲碁世界レーティング1位の柯潔(カ・ケツ)九段と、米Google傘下DeepMindの囲碁AI「AlphaGo」の3番勝...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画