Sony

ニュース

  • 2017年 05月18日 11時26分
  • 提供元:共同通信 47NEWS
日本原子力研究開発機構の高速実験炉「常陽」(茨城県)の再稼働審査の申請内容に問題があるとして、原子力規制委員会が機構に対し、申請をやり直すか申請内容を大幅に修正するよう文書で指示する方針を固めたことが...

[記事全文]別ウィンドウで開きます

関連ニュース

関連写真

南海トラフ観測網、拡大…「空白域」を解消へ

発生が懸念されている南海トラフ巨大地震について、文部科学省は来年度から、高知県沖から宮崎県沖にかけての海底観測網の整備計画作成に乗り出す方針を固めた。  設置場所や規模などについて具体的な調査を行う。観測網が整備されれば、南海トラフで観測の「空白...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画