Sony

ニュース

横浜「電車席確保」の裏ワザ封じ 割増運賃「しっかり頂く」不正チェック

  • 2017年 05月18日 20時31分
  • 提供元:J-CASTニュース
元町・中華街駅―横浜駅間(みなとみらい線)と、横浜駅―渋谷駅間(東急東横線)は、直通運転を行っている(画像は横浜高速鉄道の公式サイトから)

写真拡大

元町・中華街駅―横浜駅間(みなとみらい線)と、横浜駅―渋谷駅間(東急東横線)は、直通運転を行っている(画像は横浜高速鉄道の公式サイトから)

みなとみらい線を運営する横浜高速鉄道(本社・横浜市)が、不正な「折り返し乗車」の取り締まり強化に乗り出している。


同路線では3年ほど前から不正乗車の防止に向けて取り組んでいたが、今回は割増運賃を「しっかり頂く体制を取っている」と同社担当者は話す。


通勤ラッシュで座席を確保しようとする通勤客

横浜高速鉄道は2017年5月11日、みなとみらい線において「不正乗車防止運動」を17日~19日の各日朝7時~8時30分に実施すると発表した。乗車券を持たずに電車を利用する「折り返し乗車」について、悪質だと判断されれば「正当な運賃に加え、増運賃(編注:割増運賃)をいただきます」としている。


みなとみらい線は、横浜駅を境に東京急行電鉄(本社・東京都渋谷区)が運営する東急東横線と直通で運転されている。みなとみらい線は元町・中華街駅―横浜駅間を、東横線は横浜駅―渋谷駅間をそれぞれ走っているが、横浜駅での乗換不要で両線を行き来できる。改札でも隔てられていない。ただ、運営会社は両路線で異なる。


J-CASTニュースの取材に答えた横浜高速鉄道の運輸課担当者によると、不正乗車は、横浜駅から東横線で都心の渋谷駅方面(上り)へ向かう通勤客に多い。通勤ラッシュが起きる横浜駅から上りに乗ったのでは座れない。そこで、乗車券がない、みなとみらい線でいったん元町・中華街駅方面(下り)に乗り、数駅行く。すると上り電車の空席がぐっと増え、座席を確保しやすくなる。


担当者によると、同社では3年ほど前から乗車券がないのに、みなとみらい線を利用するこうした「折り返し乗車」を控えるよう、ポスターや車内放送で呼び掛けてきた。だがなかなか減らず、乗車券・定期券を持って正しく乗っている客からも同社に改善を求める声が届くようになった。不正乗車によってみなとみらい線の駅が混雑し、正しく利用する客へのサービスが低下すると感じた同社は、改めて今回の運動に乗り出した。


初日7人、2日目8人から割増運賃

特に取り組むのが、「割増運賃」の徴収だ。同社は旅客営業規則の中で、乗車券・定期券を持たずに乗車した場合、乗車区間の運賃に加え、その2倍の割増運賃を追加で取ることを定めている。たとえば、運賃180円の区間を不正乗車した場合、360円を追加で取り、合計540円を払うことになるという。担当者は、「この規則自体は以前からありましたが、実際は注意した上で基本的に通常の運賃だけ頂いていました。それを今回は、しっかり割増運賃まで取ろうということになりました」と話した。


折り返し駅としてよく利用されるのは、横浜駅から2駅下ったみなとみらい駅だ。上り・下り電車が同じホームの両側で発着するため、乗り換えしやすいからだという。そこで「重点的にみなとみらい駅の取り締まりを強化し、下りを降車したお客様がそのまま上りに乗車しようとした場合、駅員が声掛けして理由をお話ししていただくようにしています」と担当者は話す。そこで故意に折り返し乗車をしていると判断されれば、割増運賃(区間運賃の2倍)を取る。初日の5月17日に7人、18日には8人から徴収したと明かす。


「4月~5月は、新生活ではじめてみなとみらい線を利用する方も多いです。その段階で、折り返し乗車の防止を周知しようという狙いもあります」と、担当者は話していた。


関連ニュース

関連写真

「名義人の女性を埋めた」窃盗容疑の男が供述

北海道砂川市空知太(そらちぶと)の山林で28日に女性の遺体が土の中から見つかった事件で、遺体は北海道滝川市内の80歳代の一人暮らしの女性とみられることが29日、捜査関係者への取材でわかった。  女性名義のキャッシュカードを使い現金を引き出したとし...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画