Sony

ニュース

二階氏、日韓関係改善に向け未来志向を訴え

  • 2017年 05月19日 10時40分
  • 提供元:TBS Newsi

音量調整は、動画プレーヤー内の音量調整ボタンを使用して行ってください

 「あの従軍慰安婦の問題、日本が反省しなきゃいかんことは反省しなきゃいけないんです。しかし、(韓国も)いつまでこれを反省しろ反省しろとばっかり言ってですね、平昌(ピョンチャン)のオリンピックには来なさい来なさいって、行けるもんですか」(自民党 二階俊博幹事長)  二階幹事長は、日本と韓国の歴史について「先人たちが築き上げた古い立派な歴史がある」と強調し、日韓の間に懸案として残る歴史問題については「いろいろなことにこだわって一生懸命言う人はいるが、それはそういう専門の学者に言わせておけばいい」と述べ、未来志向で新しい日韓関係を築いていくべきだと主張しました。  その上で二階氏は、「従軍慰安婦の問題は日本も反省しなければいけないことは反省しないといけない」との認識に立った上で、韓国もいつまでも反省ばかり求める主張を繰り返すのではなく、「日韓関係改善に向け、ともに頑張ろう」と呼びかけました。(19日01:01)

関連ニュース

関連写真

前文科次官「総理の意向文書は存在」政府側否定

学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)が国家戦略特区を活用して愛媛県今治市に獣医学部を新設する計画をめぐり、前川喜平・前文部科学次官(62)は25日、東京都内で記者会見し、早期の開学を内閣府が「総理の意向」として文科省に求めたとされる文書について...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画