Sony

ニュース

  • 2017年 05月19日 08時25分
  • 提供元:共同通信 47NEWS
昨年4月に人の受精卵をゲノム編集で改変したと発表した中国の広州医科大のチームが、北海道大の石井哲也教授(生命倫理学)の著述の一部を無断でコピーして論文に使っていたことが19日、分かった。チームは不正を...

[記事全文]別ウィンドウで開きます

関連ニュース

関連写真

南海トラフ観測網、拡大…「空白域」を解消へ

発生が懸念されている南海トラフ巨大地震について、文部科学省は来年度から、高知県沖から宮崎県沖にかけての海底観測網の整備計画作成に乗り出す方針を固めた。  設置場所や規模などについて具体的な調査を行う。観測網が整備されれば、南海トラフで観測の「空白...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画