Sony

ニュース

乃木坂46斎藤飛鳥、小顔すぎて眼鏡姿「鈍くさい」

  • 2017年 05月19日 22時24分
  • 提供元:日刊スポーツ
舞台「あさひなぐ」の稽古を前に写真に納まる前列左から衛藤美彩、堀未央奈、斎藤飛鳥、生駒里奈、真琴つばさ。後列左から北野日奈子、新内真衣、若月佑美、井上小百合(撮影・丹羽敏通)

写真拡大

舞台「あさひなぐ」の稽古を前に写真に納まる前列左から衛藤美彩、堀未央奈、斎藤飛鳥、生駒里奈、真琴つばさ。後列左から北野日奈子、新内真衣、若月佑美、井上小百合(撮影・丹羽敏通)

乃木坂46が19日、東京・六本木のEXシアター六本木で、20日に初日を迎える舞台「あさひなぐ」の稽古を一部、報道陣に公開した。
 「ビッグコミックスピリッツ」に連載中の人気漫画が原作で、さまざまな境遇の女子高生たちが、高校のなぎなた部に青春をささげる「女子のスポ根」作品の初舞台化作品。主人公でなぎなた初心者の東島旭を演じる斎藤飛鳥(18)は、「みんなで知らないところから入って、一緒にパワーアップしてきた。今まで自分がやってきたことを信じてやれば、初日はうまくいくとは思う」と自信を見せた。
 原作の設定通りにめがね姿で登場したが、長さ18センチの小顔に不釣り合いなほど大きく、不安な様子で「めがね姿が鈍くさいなと思って、それを見られるのが緊張します」と明かした。すると、野上えり部長役の生駒里奈(21)から「顔が小さくて、めがねが大きいからだよ」とフォローされていた。
 ライバル校で斎藤と同学年の一堂寧々を演じる堀未央奈(20)は、斎藤との関係を「旭のライバルとしてやらせていただいているけど、実際はバチバチしてない」と明かした。「2人ともゆとり世代なので、マイペースなんですよ(笑い)。ゆったりしてるので、けんかっぽくなるところも、『ごめん』と言いながらやってる。日常のストレス発散じゃないけど、殻を破って寧々ちゃんを演じてます」と笑わせた。2人が殴り合う場面もあり、報道陣から「その場面がストレス発散か」と聞かれると、堀は「声を張り上げるので、そこでストレスが飛んでいくなって思います」と訂正していた。
 ほか井上小百合、新内真衣、若月佑美、生駒里奈、衛藤美彩、北野日奈子、真琴つばさが登壇した。
 舞台は6月に大阪・森ノ宮ピロティホール、愛知県芸術劇場大ホールでも上演される。

関連ニュース

関連写真

NMB藤江れいなが卒業公演「アイドル最高っ...

NMB48の藤江れいな(23)が27日、大阪・NMB48劇場のチームB2公演で卒業公演を行い、10年のアイドル活動に終止符を打った。  07年5月27日、AKB48に4期加入してから、ちょうど10年の記念日がラストステージ。今後は「音楽はやりま...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画