Sony

ニュース

緊急手術のYOSHIKIだけじゃない!? ヘルニア、背骨骨折……芸能人を襲う“職業病”の恐怖

  • 2017年 05月20日 00時00分
  • 提供元:日刊サイゾー
YOSHIKI公式サイトより

写真拡大

YOSHIKI公式サイトより

 X JAPANのYOSHIKIが、アメリカで頸椎椎間孔狭窄症の診断を受け緊急手術を行った。ドラマーとして首を酷使するため、手や腕にしびれが現れ、このままではアーティスト生命の危機も憂慮されたため、手術が行われた。これは職業病というべきものだろう。


 YOSHIKIに限らず芸能界には職業病を抱えた人間が多い。喉の酷使による声帯ポリープはよく知られている。その中でももっともハードなのが“体を張る”お笑い芸人だ。


「浅草キッドの水道橋博士は、若手時代に雪上を『人間サイコロ』で転がる企画に挑戦したところ、腰を強打。椎間板ヘルニアとなり、以降、たけし軍団の体を張る仕事がこなせなくなりました。福岡地区で絶大な人気を誇っていたおたこぷーは、持ちギャグの『お久しブリッジ』を披露したところ背骨を骨折し、以降このネタは封印されています」(業界関係者)


 彼らばかりではない。ビビる大木は、コンビ時代にスキー場ロケで背骨骨折の大怪我を負っている。相方の大内登も脳挫傷で一時は命の危険もあった。空手ネタでおなじみのずんのやすも、スキー場ロケで腰の骨を折っている。こうした激しいダメージだけでなく、地味に“痛い”職業病もある。


「人気ものまね芸人の原口あきまさは、明石家さんまのものまねで、出っ歯の付け替えを頻繁にしていたところ、歯茎が化膿してしまったそうです。芸人にとって口の炎症は場合によっては致命傷となりかねませんよね」」(同)


 ジャンルは問わずとも、表舞台に立つ人間にとって常に「体を張る」覚悟は求められるのかもしれない。
(文=平田宏利)



【関連記事】


関連ニュース

関連写真

緊急入院の桂ざこば「自分で歩いてお手洗い」...

「左中大脳動脈閉塞(へいそく)症」「塞栓(そくせん)性脳梗塞」で入院中の落語家、桂ざこば(69)の娘でタレント、関口まい(34)が29日午後、自身のブログを更新し、父の近況について「自分で歩いて、お手洗いにも行きますし、食事も1人でお箸を使って食べ...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画