Sony

ニュース

英国では絶対にできない!韓国人が夜な夜な見せる姿に英国人が驚嘆=韓国ネット「僕らは選ばれた国民なんだ」「韓国人の性分なんだよ」

  • 2017年 05月20日 00時40分
  • 提供元:Record China
2006年、当初は「1年だけ住んでみよう」と訪れた韓国が気に入り、結局11年にわたって滞在を続ける無類の韓国好きの外国人に、韓国で注目が集まっている。写真はソウル。

写真拡大

2006年、当初は「1年だけ住んでみよう」と訪れた韓国が気に入り、結局11年にわたって滞在を続ける無類の韓国好きの外国人に、韓国で注目が集まっている。写真はソウル。

2006年、当初は「1年だけ住んでみよう」と訪れた韓国が気に入り、結局11年にわたって滞在を続ける無類の韓国好きの外国人に、韓国で注目が集まっている。



韓国経済新聞などメディアが取り上げたその人は、英国人コラムニストのティム・アルパーさん(40)。韓国で暮らし経験したこと、感じたことをつづった著書『うちの隣に英国男が住んでいる』をこのほど出版した。韓国を訪れる前にもフランスやスペイン、ウクライナなどで暮らした経験があるアルパーさんだが、中でも韓国を「第二の故郷」に選んだのは「韓国での生活が一番楽だから」だという。例として、ソウルを流れる漢江(ハンガン)の川辺で深夜にもかかわらず多くの市民がジョギングする姿を挙げ「事件が多い英国では不安で絶対にできない」と語り、韓国の治安の良さを力説した。



来韓当初、深夜まで働くサラリーマンや早朝にオープンする語学教室などにカルチャーショックを受けたこともあるが、今ではそうした文化を理解し、韓国社会に全身で溶け込んでいるという。初めの頃はストレスを感じるばかりだった「パリパリ(早く早く)文化」にも完全に適応済み。飲食店で料理が出されるのが少しでも遅れると「なぜだ?」と叫びたくもなり、また「パリパリ」の言葉のおかげで自分自身が成果を得られたことも多かったそうだ。



最近、韓国で自国を地獄に例え卑下する「ヘル朝鮮」の語が流行していることについては、アルパーさんはこんなふうに語っている。「英国の不況は韓国よりはるかに厳しく、自営業を営むのは実に難しいことだ。米国も政治の問題が常に国民を苦しめている。韓国は大気汚染さえなければ非常に暮らしやすい国ですよ」。



こうしたアルパーさんの指摘を受け、韓国のネットユーザーからは「確かに、今では暮らしたい国になった。僕らは選ばれた国民なんだ!」「韓国は直すべき点は多いけどいい国だ」「英国に長く暮らした僕としては、この方の発言に100%共感。ヘル朝鮮なんてとんでもない。韓国は本当に暮らしやすい国だよ」と共感のコメントが多数寄せられている。



またアルパーさんが絶賛した治安の良さについて、「韓国警察に感謝だね」「韓国の治安は本当に世界最高レベル。国民がそれを分かってないだけ」と同意するものや、「治安が良いというより、韓国人のほとんどが夜に出掛けたがる性分なんだよ」との指摘も。



しかし一方、「この人は白人で英語を話すから、韓国で暮らしやすいんだよ」「韓国は金持ちにはいい国。英国では金持ちでも韓国みたいには暮らせないからこその発言だろう」として、やはり韓国人自身や他の外国人には韓国生活に困難が伴うとする指摘も目立った。(翻訳・編集/吉金)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

中国高速鉄道新型車両が運行開始、「完全に独...

運行を始めたのは、「復興号」と名付けられた新型車両CR400です。日本時間26日正午すぎに最初の列車が北京から上海に向けて出発しました。  乗客の定員は576人で、最高時速は350キロだということです。新型車両は、主に北京から上海間で運行され、す...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画