Sony

ニュース

藤原竜也が伊藤英明の舞台挨拶欠席にガッカリ。仲村トオルも「さぼった罪は大きい」

  • 2017年 06月10日 12時25分
  • 提供元:東京ウォーカー
藤原竜也と仲村トオルが伊藤英明をチクリ

写真拡大

藤原竜也と仲村トオルが伊藤英明をチクリ


藤原竜也と伊藤英明がW主演で初共演したサスペンス・エンタテインメント大作『22年目の告白-私が殺人犯です-』の初日舞台挨拶が、6月10日に新宿ピカデリーで開催。藤原竜也、夏帆、野村周平、石橋杏奈、竜星涼、早乙女太一、仲村トオル、入江悠監督が登壇。不在の伊藤をみんなでネタにして、舞台挨拶は爆笑の渦となった。


【写真を見る】夏帆はシフォンのワンピースで登壇!


伊藤と『海猿』シリーズで共演した仲村は「真犯人は伊藤英明」とちゃかし「昔は海の猿だったな。犯人は、海の猿の時代のバディである僕ではなく、早乙女太一だった」と、でっちあげトークをし、会場は大爆笑。


その後、伊藤から「仕事で来れなくてすみませんでした」という謝罪のビデオメッセージが流された。シンプルで短い内容に野村は「素晴らしい謝罪会見でした。前の日、寝てねえんじゃないかってくらいのビデオメッセージでした」とツッコむ。


仲村は「間違いなく、映画のプロモーションをさぼった罪がいちばん大きいです」とバッサリ言うと、藤原は「どかんとサプライズ登場じゃないの?」と真顔で語り、会場の笑いを取った。


最後に藤原が「伊藤くん来ず…まあ、仕事で来れなかったんですが、この全員で入江監督の下、作った作品です。みなさん、応援してくれたらうれしいです」と元気に締めくくった。


『22年目の告白-私が殺人犯です-』は、韓国映画『殺人の告白』(12)をベースにしたサスペンス映画。時効を迎えた連続殺人事件の犯人・曾根崎雅人(藤原竜也)が、突然「はじめまして、私が殺人犯です」と名乗り出る。伊藤英明は事件を追う刑事・牧村航を演じた。【取材・文/山崎伸子】


【関連記事】

戦隊レッドから若手刑事へ!竜星涼に訪れた“警官”役ラッシュ

藤原竜也、サプライズで神対応連発のサイン会を開催!「湊かなえさんになったつもりで」

伊藤英明と藤原竜也が初共演「今までのキャリアの中で一番きつかった」


関連ニュース

関連写真

土屋太鳳の歌声に夏木マリが「やるな、おぬし...

花の都パリを舞台にバレリーナになることを夢見る少女の姿を描くアニメーション映画『フェリシーと夢のトウシューズ』(8月12日公開)のジャパンプレミアが7月23日に丸の内ピカデリーで開催され、日本語吹き替え版の声優を務める土屋太鳳と夏木マリが登壇。夏...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画