Sony

ニュース

GoogleのArea120、VR向け広告プラットフォーム立ち上げ

  • 2017年 06月29日 13時08分
  • 提供元:ITmedia NEWS
 コンテンツ内に置かれた小さな箱

写真拡大

コンテンツ内に置かれた小さな箱

 米Googleの社内インキュベーター部門「Area120」は6月28日(現地時間)、VRコンテンツでの表示を想定した広告プラットフォームのプロトタイプを開発したと発表した。


 VRにたずさわる開発者とユーザーから、VR上の広告はVR体験を損なわず、実装が簡単であってほしいというリクエストがあったため、コンテンツ内に小さな箱として広告を置き、ユーザーがそれに興味を持って(仮想的に)触ったりじっと見つめたりすると箱から広告が出てくる形式を考えた。動画はいつでも途中で停止できる。


 興味のある開発者はフォーマットで参加を申し込めば、初期段階のSDKを入手できる。現行ではGoogleのCardboard、Daydreamと、韓国Samsung Electronicsの「Gear VR」をサポートする。

関連ニュース

関連写真

TENGA史上初、電動モデル登場 「新次元...

TENGAは、TENGAシリーズで初めて電動バイブレーション機能を搭載した「TENGA FLIP 0 ELECTRONIC VIBRATION」(テンガ フリップ ゼロ エレクトロニック バイブレーション)を8月4日に発売すると発表した。1万80...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画