Sony

ニュース

相手いるように自然な会話…AI活用しシステム

  • 2017年 07月17日 13時00分
  • 提供元:読売新聞
 総務省は人工知能(AI)を活用し、日本語の特性に最適な国産の会話システムを官民共同で開発する方針を固めた。
 来年度から実証試験を始め、2020年の実用化を目指す。この分野では、米アマゾン・ドット・コムなどの海外勢が先行しているが、次世代の高速通信規格「5G」にも対応し、その場に話し相手がいるかのように自然な日本語の会話ができるシステムで対抗する。
 AIを活用した会話システムは、利用者からの質問の内容を把握し、あらかじめ蓄積した膨大な会話例の中から瞬時に適切な表現を選んで回答する。多くの会話データを集めるほど表現が豊かになり、自然な会話ができるようになる。

関連ニュース

関連写真

バス・タクシーで荷物、トラックで旅客運送可に

国土交通省は9月から、バスやタクシー、トラックが、旅客と荷物を運ぶ「かけもち」ができるよう大幅に規制を緩和する。  ドライバー不足を受け、運送事業者を貨物と旅客にそれぞれ特化させてきたあり方を転換する。利用者が減少する地方の交通網の維持を図る狙い...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画