Sony

ニュース

ディズニー実写版「ムーラン」、ヒロインにぴったりなのは「グレートウォール」のジン・ティエンか―中国メディア

  • 2017年 07月17日 16時40分
  • 提供元:Record China
16日、実写化が明らかになっているディズニー映画「ムーラン」について、公開予定が2018年から19年へ変更することが分かった。写真は「グレートウォール」のジン・ティエン。

写真拡大

16日、実写化が明らかになっているディズニー映画「ムーラン」について、公開予定が2018年から19年へ変更することが分かった。写真は「グレートウォール」のジン・ティエン。

2017年7月16日、実写化が明らかになっているディズニー映画「ムーラン」について、公開予定が2018年から19年へ変更することが分かった。網易が伝えた。



このほど行われたディズニーの公式イベント「D23 Expo 2017」で明らかになった。1998年の映画「ムーラン」の実写版上映が2019年に変更され、代わりに「くるみ割り人形」が来年11月に公開されることになった。



「ムーラン」は古代中国を舞台に、男装した少女ムーランの戦いを描く物語。中国の伝説「花木蘭」の世界を描いたもので、もともと中国では昔から広く知られている物語だ。09年には中国で実写映画「花木蘭」が公開され、ヴィッキー・チャオ(趙薇)がヒロインを演じている。



新たな実写化について、中国ではヒロインの人選に関心が集まっている。中華圏の女優、または中華圏にルーツを持つ女優の起用が明らかになっているが、今のところ具体的な話は伝わってこない。そんな中、ネットユーザーの間では女優ジン・ティエン(景甜)の起用を願う声が最も大きいようだ。ジン・ティエンはチャン・イーモウ(張芸謀)監督の映画「グレートウォール」でりりしい女戦士を演じており、そのイメージからもムーランにぴったりだと言われている。(翻訳・編集/Mathilda)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画