Sony

ニュース

土屋太鳳、間宮祥太朗におんぶされるシーンで「重いぞ、やせろ!」に反発

  • 2017年 07月17日 17時37分
  • 提供元:東京ウォーカー
土屋太鳳が間宮祥太朗におんぶされるシーンを語る

写真拡大

土屋太鳳が間宮祥太朗におんぶされるシーンを語る


土屋太鳳主演の青春エンタテインメント『トリガール!』の完成披露イベントが、7月17日にイイノホールで開催。土屋太鳳、間宮祥太朗、高杉真宙、池田エライザ、矢本悠馬、英勉監督が舞台挨拶に登壇した。人力飛行機で空を飛ぶ本作にちなみ、土屋はステージ上にポップアップして登場。土屋は「勢いがつきすぎてグラついてしまいました」と言いながらも笑顔を見せた。


【写真を見る】土屋太鳳はノースリーブのブラウスで登場!


現場では、笑いのNGやアドリブがけっこう出ていたという俳優陣。間宮が土屋との共演シーンで「僕がおんぶしてるのを落とした時、『重いぞ、やせろ!』と言ったら、太鳳ちゃんが『そこそこスリムだろうが!』って言ったんです」と笑いながら説明する。


土屋は「ちょっと体重を落としたんです。それなのにまだ痩せろと?あれは心の叫びだったのかな」と苦笑い。間宮が「あれ、好きでした」と言うと、監督も「かわいい」とうなずく。


土屋は「考えてアドリブを出したいけど、『トリガール!』の現場は考える時間もなく、反射して出てしまった。真のアドリブです」とおちゃめに笑った。


『トリガール!』は、人力飛行サークルに入部し女子大生と仲間たちの奮闘を描く青春映画。主演は土屋太鳳で、憧れの高橋先輩を高杉真宙が、コンビを組む坂場先輩を間宮祥太朗が演じる。【取材・文/山崎伸子】


【関連記事】

間もなく21歳の高杉真宙、その繊細な演技に視線が集中!

毒舌女に冷血女子…出演ラッシュの土屋太鳳が清純派イメージを払拭!?

酉年の2017年は“トリエイガ”がアツい!?


関連ニュース

関連写真

【映画コラム】人はその才能でこそ判断される...

1960年代初頭、NASA(米航空宇宙局)に務める3人の黒人女性が、有人宇宙飛行(マーキュリー)計画に多大な貢献を果たした事実を描いた『ドリーム』が9月29日から公開される。  1961年、米ソの宇宙開発競争が加熱する中、バージニア州ハンプトンの...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画