Sony

ニュース

早稲田実、清宮の満塁本塁打などで快勝

  • 2017年 07月17日 20時22分
  • 提供元:読売新聞
早稲田実―芦花 7回早稲田実1死満塁、清宮が満塁本塁打を放つ(17日、東京都八王子市のダイワハウススタジアム八王子で)=武藤要撮影

写真拡大

早稲田実―芦花 7回早稲田実1死満塁、清宮が満塁本塁打を放つ(17日、東京都八王子市のダイワハウススタジアム八王子で)=武藤要撮影

 全国高校野球選手権大会・地方大会で17日、早稲田実(西東京)は清宮の満塁本塁打などで快勝。
 選抜優勝の大阪桐蔭と、準優勝の履正社(いずれも大阪)はともに勝ち上がった。

関連ニュース

関連写真

清宮106号、高校最多あと1本…早実8強進出

高校野球で注目の強打者、早稲田実の清宮幸太郎選手(3年)が、21日に神宮球場で行われた西東京大会5回戦の法政大高戦で本塁打を放ち、練習試合も含めた高校通算本塁打を106本に伸ばして歴代最多とされる記録まであと1本とした。  清宮選手は両チーム無得...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画