Sony

ニュース

元J1浦和鈴木啓太氏「情熱を胸に」引退試合で2発

  • 2017年 07月17日 21時42分
  • 提供元:日刊スポーツ
サッカー元日本代表で、15年シーズン限りでJ1浦和レッズを引退したMF鈴木啓太氏(36)の引退試合が17日、埼玉スタジアムで行われた。
 07年にアジア・チャンピオンズリーグを初制覇した時のメンバーを中心とした「レッズ・レジェンズ」と、日本代表でともにプレーMF中村俊輔(38)らが参加した「ブルー・フレンズ」が対戦。鈴木はブルー・フレンズでプレーした前半に2得点を挙げ、スタジアムを盛り上げた。試合は4-4だった。
 試合後のセレモニーではピッチで「選手としての夢のような時間は終わったが、愛するサッカーから学んだ情熱を胸に、次のステージに進みたい」とあいさつした。あいさつ後は履いていたゴールドのスパイクをその場で脱ぎ、ピッチを一周してサポーターからのねぎらいの声に手を振った。
 引退後は腸内フローラを研究する事業を立ち上げ、今年は明大サッカー部のアドバイザーに就任して指導している。「僕にしかできないことをやり、サッカー界に貢献したい」と今後について話した。区切りの試合を終え、「サポーターの前で(スパイクを)脱がせてもらうことが幸せだと思う。さみしい気持ちもあったけど、次への始まりでもある。これからは革靴を磨いて頑張りたい」と笑顔で話した。

関連ニュース

関連写真

U20代表帰国、内山監督「最低限の目標達成...

U-23(23歳以下)アジア選手権予選J組で2位となり、来年1月に中国で開催される本大会出場を決めたU-20日本代表が24日、カンボジアから成田空港着の航空機で帰国した。  23日の第3戦でU-22中国代表に1-2で敗れ、2勝1敗の勝ち点6とな...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画